• 2017/08
  • 2017-09 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 2017/10
Tommy Flanagan / The Tommy Flanagan Trio 
2007年12月28日(金) 11:37
◆ トミー・フラナガン / ザ・トミー・フラナガン・トリオ ◆
『 ピアノ奏者Tommy Flanagan(1930/3/16〜2001/11/16)の1960年録音プレスティッジ作品!!』

☆ ピアノ・トリオ(6曲)、ソロ・ピアノ(1曲)!!
管理番号0010
Tommy Flanagan / The Tommy Flanagan Trio 

※ この作品は以前紹介しましたが、現時点での私的スタイルで再度紹介することにしました。


<Recorded: 1960/5/18 NJ> prestige 


tommy flanagan / トミー・フラナガン ( p)
tommy potter / トミー・ポッター ( b: ?以外)
roy haynes / ロイ・ヘインズ ( ds: ?以外)

 ◎お薦め曲順: ?→?→?→?→?→?→? ♪♪〜
--------------------------------------------
(※ このアルバムの?曲目が、トミー・フラナガンの自作曲です。??:デューク・エリントン作)


 ゆったり系ナンバー。。?曲目in the blue of the evening(イン・ザ・ブルー・オブ・ジ・イヴニング)。特別な夜に、特別な相手と過ごす、特別な時間に乾杯!!

 しっとり系スロー・ナンバー。。?曲目you go to my head(ユー・ゴー・トゥ・マイ・ヘッド)。過ぎ去った時間の中に私の大切なものがあった。今は遥か遠い場所にいる、、、。


 幸福感漂う、しっとり系ナンバー。。?曲目velvet moon(ヴェルヴェット・ムーン)。何もかも満たされている。私は今、幸せだ。これ以上は望まない、、、。


 ピアノ独演ソロでの、、、しっとりスロー・ナンバー。。?曲目come sunday(カム・サンデイ)。貴方に会えない日が続くと、それだけで哀しくなる。もう二度と会えないかもしれない。そんな悪い想像さえしてしまう、、、。


 切ないスロー・ナンバー。。?曲目born to be blue(ボーン・トゥ・ビー・ブルー)。誰か伝えて欲しい。私の想いを届けて欲しい。どうしても伝えられない言葉がある、、、。

 掛け合いドラム・ソロ&掛け合いベース・ソロ&掛け合いピアノ・ソロ登場!!軽快なブルース。。?曲目jes' fine(ジェス・ファイン)。ゴール直前で足踏み状態。もう見えているのに。ゴールはすぐ目の前にあるのに、、。


 切ないバラード。。?曲目in a sentimental mood(イン・ア・センチメンタル・ムード)。もっと真剣に貴方を愛するべきだった。貴方のいない寂しさを私は今まで知らなかった、、、。

---------------------------------------------------------------------

☆ ゆったり寛ぎ空間の中をトミー・フラナガンのピアノが美しく聴かせる!!トミー・ポッター&ロイ・ヘインズも好サポート!!
( ^ ^ ♪

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Tommy Flanagan : Biography
・ ウィキペディア
・ Wikipedia
◆Tommy Flanagan : Discography
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
・ allmusic
◆Tommy Flanagan : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube

↓↓ このブログでの紹介作品(+参加作品) ♪♪〜

<1956年録音>Sonny Rollins / Saxophone Colossus
<1957年録音>Tommy Flanagan / Overseas 
<1959年録音>John Coltrane / Giant Steps
<1959年録音>Curtis Fuller / Blues-ette
<1959年録音>Kenny Dorham / Quiet Kenny
<1960年録音>Stanley Turrentine / Stan "The Man" Turrentine
<1960年録音>Wes Montgomery / The Incredible Jazz Guitar Of Wes Montgomery
<1960年録音>Art Farmer / Art
<1964年録音>Booker Ervin / The Song Book 
<1977年録音>Tommy Flanagan / Eclypso
<1980年録音>Tommy Flanagan / Super Session
<1982年録音>Tommy Flanagan / Giant Steps
<1989年録音>Sonny Rollins / Falling In Love With Jazz



僕も、コレ大好きです。
僕も、コレ大好きです。
オーヴァーシーズよりも、
こちらのほうが、本当のフラナガンですよね。

よだんなんですが、ちょっと意地わるな書き込みが続いたもので、
楽天以外のコメント投稿を禁止してます。
ごめんなさいね(笑)。
☆chuberryさんへ
コメント有り難う御座います!!(嬉)

「オーバーシーズ」は動的で、この作品は静的な感じがします、、、どちらも好きですが、、、疲れてる時はこっちですね(笑)。。

Comment Posting
管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 



Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET