Stan Getz / Stan Getz Quartets
2007年10月28日(日) 11:41
◆ スタン・ゲッツ / スタン・ゲッツ・クァルテッツ ◆
『 テナー・サックス奏者Stan Getz(1927/2/2〜1991/6/6)の1949、50年録音プレスティッジ作品!!』

☆ アル・ヘイグ・トリオ(2セッション)/トニー・アレス・トリオとのワン・ホーン・カルテット!! 
管理番号0198Stan Getz / Stan Getz Quartets

<Recorded: 1949/6/21(?〜?)、1950/1/6(?〜?)、4/14(????) NYC> prestige


stan getz / スタン・ゲッツ ( ts)
al haig / アル・ヘイグ ( p: ?〜??〜?)
gene ramey / ジーン・ラミー ( b: ?〜?)
stan levey / スタン・リーヴィー ( ds: ?〜?)

tommy potter / トミー・ポッター ( b: ?〜?)
roy haynes / ロイ・ヘインズ ( ds: ?〜?)

tony aless / トニー・アレス ( p: ????)
percy heath / パーシー・ヒース ( b: ????)
don lamond / ドン・ラモンド ( ds: ????)

◎お薦め曲順:
?→?→?→?→?→?→?→?→?→?→?→? ♪♪〜

-------------------------------------------
(※ このアルバムの???曲目が、スタン・ゲッツの自作曲です。?:リチャード・ロジャース作、?:コール・ポーター作)


 (アル・ヘイグ&トミー・ポッター&ロイ・ヘインズとの)軽快な?曲目there's a small hotel(ゼアズ・ア・スモール・ホテル)。幸せな時間は貴方が運んで来てくれる。私はただ待っているだけでいい。

 (アル・ヘイグ&トミー・ポッター&ロイ・ヘインズとの)軽快な?曲目I've got you under my skin(アイヴ・ガット・ユー・アンダー・マイ・スキン)。どこにも行かないで、ずっと一緒に居て欲しい。もう君とは離れられないから、、、。


 (アル・ヘイグ&トミー・ポッター&ロイ・ヘインズとの)しっとり系バラード、?曲目what's new?(ホワッツ・ニュー)。貴方の言うとおりだった。もう貴方しか愛せない、、、。


 (アル・ヘイグ&トミー・ポッター&ロイ・ヘインズとの)軽快な?曲目too marvelousfor words(トゥー・マーヴェラス・フォー・ワーズ)。君に盗まれた僕の心を返してくれないか?そうしないと君から一生自由になれないんだ。

 (トニー・アレス&パーシー・ヒース&ドン・ラモンドとの)ゆったり系の?曲目you stepped out of a dream(夢から醒めて)。夢の中での素敵な出来事。もう一度会わせて欲しい。夢の中で出逢った貴方に、、、。


 (トニー・アレス&パーシー・ヒース&ドン・ラモンドとの)ゆったり系の?曲目my old flame(マイ・オールド・フレイム)。懐かしい優しさと温もりを感じる。このまま貴方の側で眠りたい、、、。


 (アル・ヘイグ&ジーン・ラミー&スタン・リーヴィーとの)速いテンポの?曲目long island sound(ロング・アイランド・サウンド)。僕が愛すべき人は君しかいない。何度断られても諦められない。また来るよ、、、。


 (アル・ヘイグ&ジーン・ラミー&スタン・リーヴィーとの)ゆったり系の?曲目indian summer(インディアン・サマー)。忘れられない夏がある。夏が来る度、思い出す。君と過ごした短い夏の日々を、、、。

 (アル・ヘイグ&ジーン・ラミー&スタン・リーヴィーとの)しっとり系の?曲目mar-cia(マーシャ)。いつも私に光を与えてくれる。貴方がいなければ、私の心は再び闇に包まれてしまうだろう、、、。

 (アル・ヘイグ&ジーン・ラミー&スタン・リーヴィーとの)ハイテンポの?曲目crazy chords(クレイジー・コーズ)。少しは僕の事も考えてよ?君に振り回され続ける僕の事も、、、。

 (トニー・アレス&パーシー・ヒース&ドン・ラモンドとの)軽快な?曲目the lady in red(ザ・レディ・イン・レッド)。素敵な人が私の前を通り過ぎた。素敵な微笑を残して。私の心は奪われた、、、。

 (トニー・アレス&パーシー・ヒース&ドン・ラモンドとの)ゆったり系の?曲目wrap your troubles in dreams(苦しみを夢に隠して)。何があっても何が起きても、前に進んでいくしかない。希望は未来にしかない!!

---------------------------------------------------------------------

☆ スタン・ゲッツのクール・テナーが心地良い!!他のメンバーも好サポート!!
( ^ ^ ♪

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Stan Getz : Biography
・ ウィキペディア
・ Wikipedia
◆Stan Getz : Discography
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
・ allmusic
◆Stan Getz : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube

↓↓ このブログでの紹介作品 ♪♪〜

<1952年録音>Stan Getz / Stan Getz Plays
<1964年録音>Stan Getz & Bill Evans 
<1967年録音>Stan Getz / Sweet Rain
<1972年録音>Stan Getz / Captain Marvel <輸入盤>



Sonny Criss / Up, Up And Away
2007年10月27日(土) 11:00
◆ ソニー・クリス / アップ・アップ・アンド・アウェイ ◆
『 アルト・サックス奏者Sonny Criss(1927/10/23〜1977/11/19)の1967年録音プレスティッジ作品!!』

☆ シダー・ウォルトン・トリオ+タル・ファーロウとのクインテット!!
管理番号0197Sonny Criss / Up, Up And Away

<Recorded: 1967/8/18 NJ> prestige


sonny criss / ソニー・クリス ( as)
cedar walton / シダー・ウォルトン ( p)
bob cranshaw / ボブ・クランショウ ( b)
lenny mcbrowne / レニー・マクブラウン ( ds)
tal farlow / タル・ファーロウ ( g)

 ◎お薦め曲順: ?→?→?→?→?→? ♪♪〜
-------------------------------------------
(※ このアルバムの?曲目が、ソニー・クリスの自作曲です。?:ジミー・ウェッブ作、?:アン・ロンネル作、?:ホレス・タプスコット作、?:ボビー・ヘッブ作、?:チャーリー・パーカー作)


 速いテンポの爽やか系ナンバー。。?曲目up, up and away(アップ・アップ・アンド・アウェイ)。私の希望は空高く舞い上がる。風船のように空高く。私の願いよ、天まで届け!!


 しっとり系バラード。。?曲目willow weep for me(柳よ泣いておくれ)。私の中の哀しみが貴方を呼んでいる。貴方に戻ってきて欲しいと泣いている、、、。


 切ないナンバー。。?曲目this is for benny(ジス・イズ・フォー・ベニー)。どこまでも私を追いかけてくる。不幸な運命からは逃れられない。きっと私の命が尽きるまで、、、。


 哀しきナンバー。。?曲目sunny(サニー)。終わりのない悪夢が続く。夢の中でも現実でも。私が笑顔で暮らせる場所はどこにあるのだろう?


 アルトvsギターの掛け合いバトルも熱い!!ハイテンポの?曲目scrapple from the apple(スクラップル・フロム・ジ・アップル)。やっとの事で辿り着いた。ゴールかと思えば、スタート地点に戻っただけ。既に次のレースは始まっている、、、。

 ブルース。。?曲目paris blues(パリス・ブルース)。私の旅はどこまでも続く。探し物はまだ見つからない。私はどこまで行けばいいのだろう?

-------------------------------------------------------------------

☆ プレスティッジ7部作での第3弾リーダー作は、、、ギター参加クインテット!!ソニー・クリスの絶好調アルトが熱く炸裂!!タル・ファーロウのギターもクール&テクニカルに炸裂!!シダー・ウォルトン・トリオも好サポート!!
\( ^ o ^ )/

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Sonny Criss : Biography
・ Wikipedia
◆Sonny Criss : Discography
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
・ allmusic
◆Sonny Criss : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube

↓↓ このブログでの紹介作品 ♪♪〜

<1956年録音>Sonny Criss / Go Man!
<1966年録音>Sonny Criss / This Is Criss!
<1967年録音>Sonny Criss / Portrait Of Sonny Criss
<1968年録音>Sonny Criss / The Beat Goes On!
<1968年録音>Sonny Criss / Rockin' In Rhythm  
<1969年録音>Sonny Criss / I'll Catch The Sun!



Jackie McLean / McLean's Scene
2007年10月26日(金) 11:22
◆ ジャッキー・マクリーン / マクリーンズ・シーン ◆
『 アルト・サックス奏者、Jackie McLean(1932/5/17〜2006/3/31)の1956、57年録音ニュージャズ作品!!』

☆ ワン・ホーン・カルテット(3曲)、2管クインテット(3曲)!!
管理番号0196Jackie McLean / McLean's Scene

<Recorded: 1956/12/14(???)、1957/2/15(???) NJ> new jazz


jackie mclean / ジャッキー・マクリーン ( as)
mal waldron / マル・ウォルドロン ( p: ???)
arthur phipps / アーサー・フィップス ( b: ???)
art taylor / アート・テイラー ( ds)

bill hardman / ビル・ハードマン ( tp: ???)
red garland / レッド・ガーランド ( p: ???)
paul chambers / ポール・チェンバース ( b: ???)

 ◎お薦め曲順: ?→?→?→?→?→? ♪♪〜 
--------------------------------------------
(※ このアルバムの??曲目が、ジャッキー・マクリーンの自作曲です。?:ジョージ・ガーシュイン作)


 (レッド・ガーランド&ポール・チェンバース&アート・テイラー+ビル・ハードマンとの)クインテットでの、、、アルト&トランペットの交互テーマから、、、トランペット>ピアノ>アルト>アルコ・ベースのソロ・パートへと続く、、、軽快な?曲目gone with the wind(風と共に去りぬ)。長い格闘の末、貴方は私の元から去っていった。これでもう毎夜悩まされる事はないだろう。

 (マル・ウォルドロン&アーサー・フィップス&アート・テイラーとの)カルテットでの、、、軽快な?曲目our love is here to stay(アワ・ラヴ・イズ・ヒア・トゥ・ステイ)。愛はいつもそこに在った。私は今まで気づいていなかった。素敵な人は身近にいた。

 (レッド・ガーランド&ポール・チェンバース&アート・テイラー+ビル・ハードマンとの)クインテットでの、、、イントロ・ピアノ>ベース>アルト>ミュート・トランペットのテーマから、、、アルト>ピアノ>ベース>ミュート・トランペット>アルト&ミュート・トランペット&ドラムの掛け合いへと続く、、、ゆったり系ナンバー。。?曲目mean to me(ミーン・トゥ・ミー)。朝も昼も夜も貴方を想っていた。ずっと貴方を想い続けていたら、いつの間にか願いは叶っていた。


 (レッド・ガーランド&ポール・チェンバース&アート・テイラー+ビル・ハードマンとの)クインテットでの、、、ピアノ・トリオの長めのイントロ演奏(約2分半。。)から、、、アルト&トランペットの長めの掛け合い(約1分半。。)>トランペット>アルト>ドラム>ベース>アルト&トランペットの掛け合いへと続く、、、軽快なブルース。。?曲目mclean's scene(マクリーンズ・シーン)。素敵な時間がどこまで続いていくのだろう。きっと貴方とは長い付き合いになりそうだ!!


 (マル・ウォルドロン&アーサー・フィップス&アート・テイラーとの)カルテットでの、、、しっとり系ナンバー。。?曲目old folks(オールド・フォークス)。もう簡単には会えなくなった。お互いの状況は大きく変わってしまった。貴方が恋しい、貴方に会いたい、、、。


 (マル・ウォルドロン&アーサー・フィップス&アート・テイラーとの)カルテットでの、、、高速アルトが凄っ!!アルト&ドラムの掛け合いも凄っ!!超ハイスピード・ナンバー!!?曲目outburst(アウトバースト)。貴方を深く愛しすぎて、私は壊れた。鏡を見ると私の知らない誰かが映っている、、、。

--------------------------------------------------------------------

☆ プレスティッジ(=ニュージャズ)名物!?ジャッキー・マクリーン版マラソン・セッション作品集第一弾!!ワン・ホーン・カルテット(マル・ウォルドロン・トリオとの3曲)vsビル・ハードマン参加2管クインテット(レッド・ガーランド・トリオとの3曲)!!ジャッキー・マクリーンの魅力全開ワン・ホーン!!レッド・ガーランド・トリオの演奏も光る!!
( ^ _ ^)v

※ ジャッキー・マクリーン&マル・ウォルドロン&アーサー・フィップス&アート・テイラーのワン・ホーン・カルテットでの57年2月15日演奏が収録されている他の作品 ↓↓
・ 『 メイキン・ザ・チェンジズ:57年2月、8月録音 』(ニュージャズ)に3曲収録
・ 『 ア・ロング・ドリンク・オブ・ザ・ブルース:57年2月、8月録音 』(ニュージャズ)に3曲収録
・ 『 ストレンジ・ブルース:57年2月、7月、8月録音 』(プレスティッジ)に1曲収録


◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Jackie McLean : Biography
・ ウィキペディア
・ Wikipedia
◆Jackie McLean : Discography
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
・ allmusic
◆Jackie McLean : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube

↓↓ このブログでの紹介作品(+参加作品) ♪♪〜

<1956年録音>Jackie McLean / Lights Out!
<1956年録音>Jackie McLean / 4, 5 and 6
<1958年録音>Sonny Clark / Cool Struttin'
<1959年録音>Mal Waldron / Left Alone
<1959年録音>Jackie McLean / New Soil
<1959年録音>Donald Byrd / Fuego
<1959年録音>Jackie McLean / Swing, Swang, Swingin'
<1960年録音>Freddie Redd / The Music From "The Connection"
<1960年録音>Freddie Redd / Shades Of Redd 
<1961年録音>Jackie McLean / Bluesnik
<1962年録音>Jackie McLean / Let Freedom Ring 
<1963年録音>Jackie McLean / One Step Beyond 
<1964年録音>Jackie McLean / It's Time
<1965年録音>Jackie McLean / Right Now
<1966年録音>Lee Morgan / Charisma
<1967年録音>Jackie McLean / Demon's Dance 



Bill Evans & Jim Hall / Undercurrent
2007年10月25日(木) 11:49
◆ ビル・エヴァンス(ビル・エバンス)&ジム・ホール / アンダーカレント ◆
『 ピアノ奏者Bill Evans(1929/8/16〜1980/9/15)&ギター奏者Jim Hall(1930/12/4〜)の1962年録音ユナイテッド・アーティスツ作品!!』

☆ ピアノ&ギターのデュオ!!
管理番号0195Bill Evans & Jim Hall / Undercurrent

<Recorded: 1962/4/24(?)、5/14(??〜?) NYC> united artists


bill evans / ビル・エヴァンス ( p)
jim hall / ジム・ホール ( g)

------------------------------------------
(※ このアルバムの?曲目が、ジム・ホールの自作曲です。?:リチャード・ロジャース作、?:ジョン・ルイス作、?:ジミー・ヴァン・ヒューゼン作)


 バッキング・ギターもカッコイイ!!速いテンポの切ないナンバー。。?曲目my funny valentine(マイ・ファニー・ヴァレンタイン)。貴方の心が遠くへ行ってしまった。私の想いはもう届かない。貴方は他の誰かを愛し始めている、、、。

 しっとり系の?曲目I hear a rhapsody(アイ・ヒア・ア・ラプソディ)。私が困っている時、いつも助けてくれたのは貴方だった。いつでも私を支えてくれていたのは貴方だった、、、。


 哀しみのワルツ風ナンバー。。?曲目dream gypsy(ドリーム・ジプシー)。私の心は貴方を求め彷徨う。もうどこにもいない貴方を捜し続ける。永遠に哀しみの中を踊り続ける、、、。


 絶望的な哀しみから抜け出せないような、哀しきナンバー。。?曲目romain(ロメイン)。どれだけ貴方を愛しても、貴方には愛されない。私を愛してくれるのは、哀しみだけ、、、。


 しっとり系ワルツ風ナンバー。。?曲目skating in central park(スケイティング・イン・セントラル・パーク)。小さな希望を見つけた。とても小さな希望。私にとってかけがえのないもの。大切な光、、、。

 しっとり系の?曲目darn that dream(ダーン・ザット・ドリーム)。今でも貴方の言葉を覚えている。貴方の優しさを覚えている。貴方の温もりを覚えている。月の灯りが照らした夜を覚えている、、、。

-------------------------------------------------------------------

☆ ビル・エバンスのピアノ&ジム・ホールのギターがお互いの魅力を引き出し合いながら進行!!月の光を浴びながら演奏しているような感じがちょっと切ない。。
( T  _  T)

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Bill Evans : Biography
・ ウィキペディア
・ Wikipedia
◆Bill Evans : Discography
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
・ allmusic
◆Bill Evans : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube

↓↓ ビル・エヴァンスのこのブログでの紹介作品(+参加作品) ♪♪〜

<1959年録音>Miles Davis / Kind Of Blue
<1961年録音>Cannonball Adderley with Bill Evans / Know What I Mean?
<1961年録音>Bill Evans / Explorations
<1961年LIVE録音>Bill Evans / Waltz For Debby
<1962年録音>Bill Evans / Interplay
<1964年録音>Stan Getz & Bill Evans
<1968年録音>Bill Evans / Bill Evans Alone  


◆Jim Hall : Biography
・ ウィキペディア
・ Wikipedia
◆Jim Hall : Discography
・ allmusic

↓↓ ジム・ホールのこのブログでの紹介作品(+参加作品) ♪♪〜

<1962年録音>Sonny Rollins / The Bridge 
<1962年録音>Bill Evans / Interplay



Lee Morgan / The Sidewinder
2007年10月24日(水) 11:35
◆ リー・モーガン / ザ・サイドワインダー ◆
『 トランペット奏者Lee Morgan(1938/7/10〜1972/2/19)の1963年録音ブルーノート作品!!』

☆ バリー・ハリス・トリオ+ジョー・ヘンダーソンとの2管クインテット!! 
管理番号0194Lee Morgan / The Sidewinder

<Recorded: 1963/12/21> blue note 4157


lee morgan / リー・モーガン ( tp)
joe henderson / ジョー・ヘンダーソン ( ts)
barry harris / バリー・ハリス ( p)
bob cranshaw / ボブ・クランショウ ( b)
billy higgins / ビリー・ヒギンズ ( ds)

 ◎お薦め曲順: ?→?→?→?→? ♪♪〜
------------------------------------------
(※ このアルバムは全曲、リー・モーガンの自作曲です。)

 2管テーマから、、、トランペット>テナー>ピアノ>ベースのソロ・パートへと続く、、、ジャズ・ロック調の?曲目the sidewinder(ザ・サイドワインダー)。貴方の口からは嘘ばっかり出てくる。次から次へと呆れるくらい。貴方の言葉が嘘か本当かなんて、もうどうでもよくなった、、、。


 哀愁漂う2管テーマから、、、トランペット>テナー>ピアノ>トランペットのソロ・パートへと続く、、、リズム展開系ナンバー。。?曲目totem pole(トーテム・ポール)。もう前には進めない。行き止まりに辿り着いてしまった。どこで道を間違えたのだろう、、、。


 2管テーマから、、、テナー>トランペット>ピアノのソロ・パートへと続く、、、リズム展開系ナンバー。。?曲目gary's notebook(ゲイリーズ・ノートブック)。同じ場所を行ったり来たり。出口が見つからない。まるで迷路の中、、、。


 2管テーマのリズムが印象的!!、、、テナー>トランペット>ピアノのソロ・パートへと続く、、、速いテンポのワルツ風ナンバー。。?曲目boy, what a night(ボーイ・ホワット・ア・ナイト)。毎日毎日同じ事の繰り返し。来る日も来る日も同じような事を続けてる。これって永遠に続いていくの?


 陽気な2管テーマから始まり、、、テナー>トランペット>ピアノのソロ・パートへと続く、、、ハネハネ系ナンバー。。?曲目hocus-pocus(ホーカス・ポーカス)。やっと待ち望んだ春が、私の元へ訪れた。心地良い季節がずっと続いて欲しい、、、。

-------------------------------------------------------------------

☆ リー・モーガンのリズム強調系、全自作曲集&ジョー・ヘンダーソンとの2管クインテット第一弾!!リー・モーガンのトランペットが聴かせる!!ジョー・ヘンダーソンのテナーも快調に吹き上げる!!バリー・ハリス・トリオも好演!!(ボブ・クランショウのベースライン&ビリー・ヒギンズの叩き出すリズムも光る!!)
( ^ _ ^ )v

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Lee Morgan : Biography
・ ウィキペディア
・ Wikipedia
◆Lee Morgan : Discography
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
・ allmusic
◆Lee Morgan : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube 

↓↓ このブログでの紹介作品(+参加作品) ♪♪〜

<1957年録音>Johnny Griffin / A Blowing Session
<1957年録音>John Coltrane / Blue Train
<1957、58年録音>Lee Morgan / Candy
<1958年録音>Art Blakey & The Jazz Messengers / Moanin'
<1965年録音>Lee Morgan / The Rumproller  
<1965年録音>Hank Mobley / Dippin'
<1966年録音>Lee Morgan / Charisma



 | HOME |   NEXT>>



Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET