Mal Waldron (マル・ウォルドロン) / All Alone (オール・アローン)
2007年05月30日(水) 08:53
<1966年録音>
『 マル・ウォルドロンの打楽器的ピアノ奏法が炸裂!!』

☆ 全曲オリジナルで挑む、ソロ・ピアノ作品集!!
 ◇piano solo/ピアノ・ソロ作品◇
管理番号0075Mal Waldron / All Alone
 
<Recorded: 1966/3/1 munchen,  West Germany>


mal waldron / マル・ウォルドロン ( p)

-----------------------------------------
(※ このアルバムは全曲、マル・ウォルドロンの自作曲です。)

 ?曲目all alone。冷たい風が心を吹き抜ける。逃れられない孤独に付きまとわれ、いつしかこの世の果てまで辿り着く、、、。

 ?曲目due torri。何者かと戦い続ける者達への応援歌。相手にではなく、自分自身に打ち勝つ為の歌を捧げる。


 ?曲目a view of s. luca(ルーカの眺め)。悲劇的な別れに出逢った時のどうしようも出来ない気持ちが、ピアノから響いてくる。心を打つ切ないメロディーに胸が痛む、、、。


 ?曲目blue summer。どこからか暗雲が立ち込める中、悪運を振り払う呪文のようなフレーズを繰り返し続ける、、、。

 ?曲目if you think I'm licked。心の中を激しい嵐が吹き荒れる。それを吹き飛ばすように強打連打のヤケッパチ状態でピアノを叩きつけ、これでもかと痛めつけ続ける。


 ?曲目three for cicci。たった一人で孤独な旅を続ける。様々な街を渡り歩いて来たが、安住の地はまだ見つからない。どこにあるのか分からない安息地を求めて、孤独な旅は続く、、、。


 ?曲目mosque raid。夢に現れた異国の地。そこに理想の暮らしを見つける。不条理なこの世界への苛立ちが募る、、、。

 ?曲目walts of oblivious(忘却のワルツ)。哀しみと怒りの交差する感情の中で、心の中に残された僅かな希望の光を探し求める、、、。

------------------------------------------------------------------

☆ マル・ウォルドロン(1926/8/16〜)の激しさと切なさが、ぶつかり合う壮絶な世界です。
\( ◎ o ◎)/!

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Mal Waldron : Biography
・ ウィキペディア
・ Wikipedia
◆Mal Waldron : Discography
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
・ allmusic
◆Mal Waldron : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube
◆Mal WaldronMal Waldron1

↓↓ このブログでの紹介作品(+参加作品) ♪♪〜

<1956年録音>Jackie McLean / 4, 5 And 6 
<1956、57年録音>Jackie McLean / McLean's Scene
<1957年録音>John Coltrane / Coltrane (プレスティッジ盤)
<1959年録音>Mal Waldron / Left Alone

(☆検索出来ます→mal waldron)



 (>>モバイル用☆他の作品リストへ) 

◇◆この記事を読んで頂きまして、ありがとう御座います!!◆◇
 _今日が、貴方にとって素敵な一日になりますように、、、♪♪








(↓↓モバイルから応援して頂ける方へ☆クリックお願いします♪♪〜 )
  >>人気blogランキングへ  (*^_^*)

Duke Ellington & John Coltrane (デューク・エリントン&ジョン・コルトレーン)
2007年05月29日(火) 09:38
<1962年録音>
『 デューク・エリントンが見守る、ジョン・コルトレーンの世界!!』

☆ エリントン&コルトレーンのスタジオ共演作!!
 ◇piano quartet/ピアノ・カルテット作品◇
管理番号0074Duke Ellington & John Coltrane 

<Recorded: 1962/9/26 NJ> impulse!


john coltrane / ジョン・コルトレーン ( ts, ss)
duke ellington / デューク・エリントン ( p)
jimmy garrison / ジミー・ギャリソン ( b: ???)
elvin jones / エルヴィン・ジョーンズ ( ds: ????)

aaron bell / アーロン・ベル ( b: ????)
sam woodyard / サム・ウッドヤード ( ds: ???)

 ◎お薦め曲順: ?→?→?→?→?→?→? ♪♪〜
------------------------------------------
(※ このアルバムの?????曲目が、デューク・エリントンの自作曲です。?:ジョン・コルトレーン作、?:ビリー・ストレイホーン作)


☆ このアルバム作品のスペシャル・ナンバーは、?曲目in a sentimental moodです。このバラード演奏は、永遠の名曲名演です!!哀しみの雨が天から降って来るようなエリントンのピアノ・イントロからジョン・コルトレーンのテナーの悲哀に満ちた告白が始まります、、、。

 大きな過ちを犯し、すべてを失ってから気づく大切なものがある、、、。手の中にあった幸せは、始めからなかったように消え去る。どれ程涙を流しても元には戻らない現実を初めて知った夜に、犯した過ちの重さに気がつく、、。


 ?曲目take the coltrane。ピアノ&テナーのコミカルなテーマから躍動感溢れるリズム隊のグルーヴに乗り、コルトレーンのゴキゲンなテナーが元気に闊歩する。

 ?曲目big nick。春の陽気な気分を感じさせるコルトレーンのコミカルなテーマから軽やかなソプラノが、次々に止めどなく湧き上がる想いを語り始める。

 ?曲目stevie。ブルーな夜に苛立ちを隠せないヤケ気味のコルトレーンのテナーが激しく嘆く。最近ついてない、幸運は一体どこへ行ってしまったんだ!!


 ?曲目my little brown book。君に会えない夜は切ない、、、。君を思い浮かべれば少しはましな気分になれるし、君の笑顔や笑い声が僕を少しの間、孤独から遠ざけてくれる。でも、君に会えなければ僕の人生には何の意味もないように感じられる。だから君に会いたいんだ、、、。


 ?曲目angelica。楽しそうなピアノ&リズム隊とのかけ合い的展開から、天使と戯れるようなコルトレーンのテナー&リズム隊のかけ合い的展開へ。そのまま続くテナー・ソロは、羽目を外すような吹きっぷりで楽しそう!!

 ?曲目the feeling of jazz。今日は楽しいんだ。君と一緒に過ごせるから。どこか素敵な所へ行こう。でも、何処へ行っても君がいれば、そこが素敵な所になるんだけどさ!!

------------------------------------------------------------------

☆ 全7曲中5曲がエリントン(1899/4/29〜1974/5/24)の曲ですが、そこにコルトレーン(1926/9/23〜1967/7/17)の世界が存在しています!!
( ^ ^ ♪

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Duke Ellington : Biography
・ ウィキペディア
・ Wikipedia
◆Duke Ellington : Discography
・ allmusic
◆Duke EllingtonDuke Ellington1

◆John Coltrane : Biography
・ ウィキペディア
・ Wikipedia
◆John Coltrane : Discography
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
・ allmusic
◆John Coltrane : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube
◆John ColtraneJohn Coltrane4

↓↓ ジョン・コルトレーンのこのブログでの紹介作品(+参加作品) ♪♪〜

<1957年録音>Johnny Griffin / A Blowing Session
<1957年録音>John Coltrane / Coltrane (プレスティッジ盤)
<1957、58年録音>John Coltrane / Lush Life 
<1957年録音>John Coltrane / Traneing In 
<1957年録音>Sonny Clark / Sonny's Crib
<1957年録音>John Coltrane / Blue Train
<1957年録音>Red Garland / Soul Junction
<1958年録音>Miles Davis / Milestones
<1958年録音>John Coltrane / Soultrane
<1958年録音>John Coltrane / Settin' The Pace
<1959年録音>Milt Jackson & John Coltrane / Bags & Trane
<1959年録音>Cannonball Adderley / Cannonball Adderley Quintet In Chicago
<1959年録音>Miles Davis / Kind Of Blue
<1959年録音>John Coltrane / Giant Steps
<1959、60年録音>John Coltrane / Coltrane Jazz
<1960年録音>John Coltrane / My Favorite Things
<1960年録音>John Coltrane / Coltrane's Sound 
<1960年録音>John Coltrane / Coltrane Plays The Blues 
<1961、62年録音>John Coltrane / Ballads
<1962年録音>John Coltrane / Coltrane (インパルス盤)
<1964年録音>John Coltrane / Crescent
<1965年録音>John Coltrane / Quartet Plays
<1965年録音>John Coltrane / Sun Ship <輸入盤>

(☆検索出来ます→john coltrane)



 (>>モバイル用☆他の作品リストへ) 


◇◆この記事を読んで頂きまして、ありがとう御座います!!◆◇
 _今日が、貴方にとって素敵な一日になりますように、、、♪♪








(↓↓モバイルから応援して頂ける方へ☆クリックお願いします♪♪〜 )
  >>人気blogランキングへ  (*^_^*)

Keith Jarrett (キース・ジャレット) / The Melody At Night, With You (メロディ・アット・ナイト、ウィズ・ユー)
2007年05月26日(土) 07:30
<1998年録音>
『 ピアノから飛び立つメロディーは、大切な想いを貴方に届ける!!』

☆ キース・ジャレットの全曲バラード・ソロ・ピアノ作品集!!
 ◇piano solo/ピアノ・ソロ作品◇
管理番号0072Keith Jarrett / The Melody At Night, With You 
 
<Recorded: 1998> ECM


keith jarrett / キース・ジャレット ( p)

-----------------------------------------
(※ このアルバムの?曲目meditationが、キース・ジャレットの自作曲です。??:ジョージ・ガーシュイン作、?:デューク・エリントン作、?:ジェローム・カーン作、?:アーサー・シュワルツ作、??:trad.)


 ?曲目I loves you, porgy。私は今、貴方が恋しい。この世界のどこかで暮らす貴方に、またいつか逢えると信じて、今はただ時を過ごしている。切ない夜には、いつも貴方を思い出す、、、。

 ?曲目I got it bad (and that ain't good)。通り過ぎていく時間をつかまえる事が出来るなら、貴方との時間をいつも感じていたい。私の心は貴方のものだ。止めどなく溢れる涙も、全部、、、。

 ?曲目don't ever leave me。夢の中で出会う貴方の影をずっと追い続ける。でも、どうしても追いつく事の出来ない私は、ずっと夢の中を彷徨い歩く。貴方の影を捜しながら、、、。

 ?曲目someone to watch over me。生きている喜びを感じる時、私は誰かを愛している。たとえ想いが通じなくても、いつか叶えられる想いを信じて、人は誰かを愛するのだろう、、、。

 ?曲目my wild irish rose。世界中で最も大切な貴方へ。会えない時間の中にだけ、本当の愛が存在しているように感じられる。真っすぐで飾らない想いが、私の目の前にはあるのに、貴方に見せることの出来ない歯がゆさを知って欲しい、、、。


 ?曲目something to remember you by。どんなに遠く離れていても貴方を忘れない。何もかもが失われていく中で、貴方への想いだけは失くさないでいたいから、、、。

 ?曲目be my love。貴方に会いたくて、私の心は壊れそうになる。私にとって大切な時間は、貴方との時間の中にある。だから貴方に会いたい、、、。

 ?曲目shenandoah。私が大切にしている歌を貴方に捧げる。この歌には翼がある。だからきっと貴方の元へ届くだろう。私には翼がない。貴方の元へは行くことが出来ない。何故か涙が流れてくる、、、。

 ?曲目I'm through with love。誰かと出逢い、恋に気づいて立ち尽くす時、私は呼吸をしている事に気が付く。切ない夜をあと何回通り越していけば、貴方に出逢えるのだろうか、、、。

-------------------------------------------------------------------

☆ キース・ジャレット(1945/5/8〜)のピアノが、貴方の心の扉を開く!!
( T  _  T)

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Keith Jarrett : Biography
・ ウィキペディア
・ Wikipedia
◆Keith Jarrett : Discography
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
・ allmusic
◆Keith Jarrett : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube
◆Keith JarrettKeith Jarrett2

↓↓ このブログでの紹介作品(+参加作品) ♪♪〜

<1966年LIVE録音>Charles Lloyd / Forest Flower: At Monterey
<1975年LIVE録音>Keith Jarrett / The Koln Concert

(☆検索出来ます→keith jarrett)



 (>>モバイル用☆他の作品リストへ) 


◇◆この記事を読んで頂きまして、ありがとう御座います!!◆◇
 _今日が、貴方にとって素敵な一日になりますように、、、♪♪








(↓↓モバイルから応援して頂ける方へ☆クリックお願いします♪♪〜 )
  >>人気blogランキングへ  (*^_^*)

Stan Getz (スタン・ゲッツ) / Captain Marvel (キャプテン・マーベル)<輸入盤>
2007年05月25日(金) 10:02
<1972年録音>
『 チック・コリアのエレピ(エレクトリック・ピアノ)・サウンド&リズム隊のラテン・グルーヴが爽快!!』

☆ スタン・ゲッツのテナーから生まれる哀愁のメロディーの行方は?!
 ◇tenor sax quintet/テナー・サックス・クインテット作品◇
管理番号0071Stan Getz / Captain Marvel

<Recorded: 1972/3/3 NYC> verve


stan getz / スタン・ゲッツ ( ts)
chick corea / チック・コリア ( p)
stanley clarke / スタンリー・クラーク ( b)
tony williams / トニー・ウイリアムス ( ds)
airto moreira / アイアート・モレイラ ( per)

-----------------------------------------
(※ ?〜???:チック・コリア作、?:ビリー・ストレイホーン作)


 ?曲目la fiesta。アイアート・モレイラのフラメンコ・カスタネットが効果的に響く、激走疾走ラテン風ナンバー。スタンリー・クラークのベースが踊るように動き回り、トニー・ウイリアムスのドラムが激しく元気に煽りまくる中、チック・コリアのエレピ&スタン・ゲッツのテナーの切ないユニゾン・メロディーが哀愁をまといながら、空高く舞い上がっていく、、、。煽られまくるゲッツのテナーが、切なく寂しげな心を吹き飛ばすように暴れまくり、一身腐乱に踊りまくるようなチックのエレピも熱い!!全員一丸の激しいハチャメチャ演奏は、カッコイイ〜!!


 ?曲目five hundred miles high。つきまとってくる哀しみを吹き飛ばそうとするようなラテン風ナンバー。リズミカルに突き上げてくるクラークのベース&トニーの激しいドラミングにゲッツ、チックが挑む!!

 ?曲目captain marvel。ラテン・カーニバル風ナンバーで全員が疾走。激しい煽りの爆発を繰り返すトニーのドラムが凄い!!


 ?曲目times lie。夕暮れ時、太陽が沈んでいくのが何故か切ない。今日はまだ終わった訳ではないのに、、、。そんな切なさを吹き飛ばして、今夜大騒ぎしよう!!風ナンバーで陽気なカーニバルへ突入。

 ?曲目lush life。切ない夜風に吹かれながらゲッツのテナーは、これまでの人生を振り返る、、、。素敵な夜があった、素敵な人にも出会った、やれる事はやってきた、だから胸を張って生きていこう、前に進むことしか道はない、、、。


 ?曲目crystal silence。チックのキラキラと揺らめくようなエレピの幻想的空間にゲッツの哀しみに満ちたテナーが、深いため息を漏らす、、、。

-------------------------------------------------------------------

※ スタン・ゲッツ(1927/2/2〜1991/6/6)のこのアルバムは、?曲目以外がチック・コリアの自作曲(共作含む)で1972年3月に録音、、、。

 チック&スタンリー・クラーク&アイアート・モレイラの3人は、このアルバム録音一ヶ月前にチックのリーダー作『 Return To Forever 』に参加し、??曲目はその『Return To Forever:72年2月録音』に収録され、??曲目もチックのリーダー作『Light As A Feather:72年10月録音』 に収録されており、、、聞き比べて頂くとこのアルバムとの違いを楽しめます。

☆ 豪華な共演&競演&饗宴に心も躍ります!!
( ^ o ^ )

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Stan Getz : Biography
・ ウィキペディア
・ Wikipedia
◆Stan Getz : Discography
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
・ allmusic
◆Stan Getz : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube
◆Stan GetzStan Getz2

↓↓ このブログでの紹介作品 ♪♪〜

<1949、50年録音>Stan Getz / Stan Getz Quartets
<1952年録音>Stan Getz / Stan Getz Plays
<1964年録音>Stan Getz & Bill Evans 
<1967年録音>Stan Getz / Sweet Rain

(☆検索出来ます→stan getz)



 (>>モバイル用☆他の作品リストへ) 


◇◆この記事を読んで頂きまして、ありがとう御座います!!◆◇
 _今日が、貴方にとって素敵な一日になりますように、、、♪♪








(↓↓モバイルから応援して頂ける方へ☆クリックお願いします♪♪〜 )
  >>人気blogランキングへ  (*^_^*)

Bill Evans (ビル・エヴァンス/ビル・エバンス) / Bill Evans Alone (アローン)
2007年05月23日(水) 08:03
<1968年録音>
『 内なる世界を語る一台のピアノ、恍惚の光が差し込める!!』

☆ ビル・エバンスのソロ・ピアノ作品集!!
 ◇piano solo/ピアノ・ソロ作品◇
管理番号0070Bill Evans / Bill Evans Alone 
 
<Recorded: 1968/9/10 NYC> verve


bill evans / ビル・エヴァンス ( p)

------------------------------------------
(※ ?:ジミー・ヴァン・ヒューゼン作、?:ジョニー・マンデル作、?:ジョー・ザヴィヌル作、?:ジェローム・カーン作)


 ?曲目here's that rainy day。どんなに素晴らしい時間も、やがて通り過ぎていってしまう。思い出だけを残して、、、。


 ?曲目a time for love。かつて愛した人との楽しい時間が、追憶の中で甦る、、、。あの日のすべてが今ここにあるならば、何て幸せなことか、、、。


 ?曲目midnight mood。君との出逢いが、私を闇から救ってくれた。だから私のすべてを捧げよう、この命と共に、、、。


 ?曲目on a clear day。晴れやかな心模様。ピアノから飛び出してくる喜びのダンスが、新しい朝と共にやって来る。


 ?曲目never let me go。必ずいつかは別れの時がやって来る、、、。その時を少しでも延ばそうと人は努力するが、遅らせる事は出来ても運命には逆らえない。時間の長さは限られている、だから私は一日一日を心から楽しむ。それが後悔しない、唯一の方法だから、、、。


 ?曲目all the things you are/(midnight mood)。最高の出来事、幸せな時間にめぐり会う、喜びを分かち合える相手がいる、人生は何て素晴らしいのだ!!いい事ばかりじゃない、バラ色の人生なんて嘘だ、でも今は心から生きる事の素晴らしさを感じる、人生とは何て素晴らしいのだ!!

-------------------------------------------------------------------

☆ ビル・エヴァンス(1929/8/16〜1980/9/15)のピアノが、自由に羽ばたくピアノ・ソロの世界へ!!
( ^ ^ ♪

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Bill Evans : Biography
・ ウィキペディア
・ Wikipedia
◆Bill Evans : Discography
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
・ allmusic
◆Bill Evans : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube
◆Bill EvansBill Evans

↓↓ このブログでの紹介作品(+参加作品) ♪♪〜

<1959年録音>Miles Davis / Kind Of Blue
<1961年録音>Cannonball Adderley with Bill Evans / Know What I Mean?
<1961年録音>Bill Evans / Explorations
<1961年LIVE録音>Bill Evans / Waltz For Debby
<1962年録音>Bill Evans & Jim Hall / Undercurrent
<1962年録音>Bill Evans / Interplay
<1964年録音>Stan Getz & Bill Evans 

(☆検索出来ます→bill evans)



 (>>モバイル用☆他の作品リストへ) 


◇◆この記事を読んで頂きまして、ありがとう御座います!!◆◇
 _今日が、貴方にとって素敵な一日になりますように、、、♪♪








(↓↓モバイルから応援して頂ける方へ☆クリックお願いします♪♪〜 )
  >>人気blogランキングへ  (*^_^*)

 | HOME |   NEXT>>



Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET