• 2017/01
  • 2017-02 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 2017/03
Tommy Flanagan / The Tommy Flanagan Trio 
2007年12月28日(金) 11:37
◆ トミー・フラナガン / ザ・トミー・フラナガン・トリオ ◆
『 ピアノ奏者Tommy Flanagan(1930/3/16〜2001/11/16)の1960年録音プレスティッジ作品!!』

☆ ピアノ・トリオ(6曲)、ソロ・ピアノ(1曲)!!
管理番号0010
Tommy Flanagan / The Tommy Flanagan Trio 

※ この作品は以前紹介しましたが、現時点での私的スタイルで再度紹介することにしました。


<Recorded: 1960/5/18 NJ> prestige 


tommy flanagan / トミー・フラナガン ( p)
tommy potter / トミー・ポッター ( b: ?以外)
roy haynes / ロイ・ヘインズ ( ds: ?以外)

 ◎お薦め曲順: ?→?→?→?→?→?→? ♪♪〜
--------------------------------------------
(※ このアルバムの?曲目が、トミー・フラナガンの自作曲です。??:デューク・エリントン作)


 ゆったり系ナンバー。。?曲目in the blue of the evening(イン・ザ・ブルー・オブ・ジ・イヴニング)。特別な夜に、特別な相手と過ごす、特別な時間に乾杯!!

 しっとり系スロー・ナンバー。。?曲目you go to my head(ユー・ゴー・トゥ・マイ・ヘッド)。過ぎ去った時間の中に私の大切なものがあった。今は遥か遠い場所にいる、、、。


 幸福感漂う、しっとり系ナンバー。。?曲目velvet moon(ヴェルヴェット・ムーン)。何もかも満たされている。私は今、幸せだ。これ以上は望まない、、、。


 ピアノ独演ソロでの、、、しっとりスロー・ナンバー。。?曲目come sunday(カム・サンデイ)。貴方に会えない日が続くと、それだけで哀しくなる。もう二度と会えないかもしれない。そんな悪い想像さえしてしまう、、、。


 切ないスロー・ナンバー。。?曲目born to be blue(ボーン・トゥ・ビー・ブルー)。誰か伝えて欲しい。私の想いを届けて欲しい。どうしても伝えられない言葉がある、、、。

 掛け合いドラム・ソロ&掛け合いベース・ソロ&掛け合いピアノ・ソロ登場!!軽快なブルース。。?曲目jes' fine(ジェス・ファイン)。ゴール直前で足踏み状態。もう見えているのに。ゴールはすぐ目の前にあるのに、、。


 切ないバラード。。?曲目in a sentimental mood(イン・ア・センチメンタル・ムード)。もっと真剣に貴方を愛するべきだった。貴方のいない寂しさを私は今まで知らなかった、、、。

---------------------------------------------------------------------

☆ ゆったり寛ぎ空間の中をトミー・フラナガンのピアノが美しく聴かせる!!トミー・ポッター&ロイ・ヘインズも好サポート!!
( ^ ^ ♪

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Tommy Flanagan : Biography
・ ウィキペディア
・ Wikipedia
◆Tommy Flanagan : Discography
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
・ allmusic
◆Tommy Flanagan : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube

↓↓ このブログでの紹介作品(+参加作品) ♪♪〜

<1956年録音>Sonny Rollins / Saxophone Colossus
<1957年録音>Tommy Flanagan / Overseas 
<1959年録音>John Coltrane / Giant Steps
<1959年録音>Curtis Fuller / Blues-ette
<1959年録音>Kenny Dorham / Quiet Kenny
<1960年録音>Stanley Turrentine / Stan "The Man" Turrentine
<1960年録音>Wes Montgomery / The Incredible Jazz Guitar Of Wes Montgomery
<1960年録音>Art Farmer / Art
<1964年録音>Booker Ervin / The Song Book 
<1977年録音>Tommy Flanagan / Eclypso
<1980年録音>Tommy Flanagan / Super Session
<1982年録音>Tommy Flanagan / Giant Steps
<1989年録音>Sonny Rollins / Falling In Love With Jazz



Tommy Flanagan / Giant Steps
2007年12月17日(月) 12:10
◆ トミー・フラナガン / ジャイアント・ステップス ◆
『 ピアノ奏者Tommy Flanagan(1930/3/16〜2001/11/16)の1982年録音エンヤ作品!!』

☆ ジョージ・ムラーツ&アル・フォスターとのトリオ!!
管理番号0232Tommy Flanagan / Giant Steps

<Recorded: 1982/2/17、2/18 NYC> enja


tommy flanagan / トミー・フラナガン ( p)
george mraz / ジョージ・ムラーツ ( b)
al foster / アル・フォスター ( ds)  

 ◎お薦め曲順: ?→?→?→?→?→? ♪♪〜
--------------------------------------------
(※ このアルバムは全曲、ジョン・コルトレーンの自作曲です。)

 ピアノ&ドラムの掛け合い登場!!ハイテンポの?曲目Mr. P.C.(ミスター・P.C.)。これから火の海の中へ飛び込まなければならない。これは私に与えられた使命、、、。


 しっとり系ナンバー。。?曲目central park west(セントラル・パーク・ウエスト)。貴方は美しい想い出となった。私には楽しかったことしか思い出せない、、、。


 軽快な?曲目syeeda's song flute(シーダズ・ソング・フルート)。まるで悪魔の子と遊んでいるようだ。貴方の魔法のような悪戯には付き合いきれない、、、。

 ピアノ&ドラムの掛け合い登場!!軽快な?曲目cousin mary(カズン・メアリー)。ずっと待ってた!!貴方は私の救世主!!もっと早く来てよ!!


 しっとりスロー・バラード。。?曲目naima(ネイマ)。突然、貴方の声が聞きたくなる時がある。突然、貴方の言葉が欲しくなる時がある。貴方はもうどこにもいないのに、、、。


 ピアノ&ドラムの掛け合い登場!!速いテンポの?曲目giant steps(ジャイアント・ステップス)。素晴らしい世界が私を待っている。早く来いと手招きされている。既に扉は開かれている、、、。

---------------------------------------------------------------------

☆ ジョン・コルトレーンの名盤『 ジャイアント・ステップス:59年録音 』に参加していたトミー・フラナガンが、そのアルバム収録5曲をピアノ・トリオで演奏!!(※ 「ネイマ」のみ、ウイントン・ケリーが演奏していた。。残りの1曲「セントラル・パーク・ウエスト」は、、、『 コルトレーン・ジャズ:59年、60年録音 』に収録、こちらもウィントン・ケリーがピアノ担当。。)

 トミー・フラナガンのピアノが美しく聴かせる!!(6曲中5曲で)ジョージ・ムラーツのベース・ソロも聴かせる!!アル・フォスターのドラムも好サポート!!
( ^ _ ^)v

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Tommy Flanagan : Biography
・ ウィキペディア
・ Wikipedia
◆Tommy Flanagan : Discography
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
・ allmusic
◆Tommy Flanagan : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube 

↓↓ このブログでの紹介作品(+参加作品) ♪♪〜

<1956年録音>Sonny Rollins / Saxophone Colossus
<1957年録音>Tommy Flanagan / Overseas 
<1959年録音>John Coltrane / Giant Steps
<1959年録音>Curtis Fuller / Blues-ette
<1959年録音>Kenny Dorham / Quiet Kenny
<1960年録音>Stanley Turrentine / Stan "The Man" Turrentine
<1960年録音>Wes Montgomery / The Incredible Jazz Guitar Of Wes Montgomery
<1960年録音>Tommy Flanagan / The Tommy Flanagan Trio
<1960年録音>Art Farmer / Art
<1964年録音>Booker Ervin / The Song Book 
<1977年録音>Tommy Flanagan / Eclypso
<1980年録音>Tommy Flanagan / Super Session
<1989年録音>Sonny Rollins / Falling In Love With Jazz



Tommy Flanagan / Eclypso
2007年11月08日(木) 11:10
◆ トミー・フラナガン / エクリプソ ◆
『 ピアノ奏者Tommy Flanagan(1930/3/16〜2001/11/16)の1977年録音エンヤ作品!!』

☆ ジョージ・ムラーツ&エルビン・ジョーンズとのトリオ!!
管理番号0206Tommy Flanagan / Eclypso

<Recorded: 1977/2/4 NYC> enja


tommy flanagan / トミー・フラナガン ( p)
george mraz / ジョージ・ムラーツ ( b)
elvin jones / エルヴィン・ジョーンズ ( ds) 

 ◎お薦め曲順: ?→?→?→?→?→?→? ♪♪〜
--------------------------------------------
(※ このアルバムの?曲目が、トミー・フラナガンの自作曲です。?:ソニー・ロリンズ作、?:デンジル・ベスト作、?:タッド・ダメロン作、??:チャーリー・パーカー作、?:トム・マッキントッシュ作)


 ドラム・ソロ登場!!ハイテンポの?曲目oleo(オレオ)。驚いた!!知らなかった!!君の本当の姿を見た!!


 ベースでの切ないテーマ演奏もイイ!!ピアノ&ドラムの掛け合いも登場!!切ないナンバー。。?曲目denzil's best(デンジルズ・ベスト)。今夜も切ない夜がやって来る。もう来なくていいよ。どうして私のところばかり、、、。


 ゆったり系の?曲目a blue time(ア・ブルー・タイム)。心地良い時間が過ぎて行く。身も心も生まれ変わるような心地良さ!!


 ドラム・ソロ登場!!速いテンポのノリノリ系ナンバー。。?曲目relaxin' at camerillo(リラクシン・アット・カマリロ)。君は今まで見た事も無いくらい上機嫌。普段とは別人のようにノリノリだ!!

 速いテンポの爽やか系ナンバー。。?曲目cup bearers(カップ・ベアラーズ)。素敵な事が私を待っていた。思い掛けない喜びに包まれた、、、。

 ピアノ&ドラムの掛け合いからドラム・ソロへ!!陽気なテーマから始まる、軽快な?曲目ecylpso(エクリプソ)。貴方が幸せを運んで来た。両手いっぱいの幸せを私にプレゼントしてくれた!!


 掛け合いドラム・ソロも登場!!ノリノリ系ナンバー。。?曲目confirmation(コンファメーション)。やっと貴方に会えた。たくさん話したい事があったけど。貴方の笑顔を見られただけで、もう十分、、、。

---------------------------------------------------------------------

☆ トミー・フラナガンのピアノは快調で巧い&旨い!!ジョージ・ムラーツのベース・ソロも聴き所!!エルビン・ジョーンズのドラムもイイ!!
\( ^ o ^ )/

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Tommy Flanagan : Biography
・ ウィキペディア
・ Wikipedia
◆Tommy Flanagan : Discography
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
・ allmusic
◆Tommy Flanagan : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube 

↓↓ このブログでの紹介作品(+参加作品) ♪♪〜

<1956年録音>Sonny Rollins / Saxophone Colossus
<1957年録音>Tommy Flanagan / Overseas 
<1959年録音>John Coltrane / Giant Steps
<1959年録音>Curtis Fuller / Blues-ette
<1959年録音>Kenny Dorham / Quiet Kenny
<1960年録音>Stanley Turrentine / Stan "The Man" Turrentine
<1960年録音>Wes Montgomery / The Incredible Jazz Guitar Of Wes Montgomery
<1960年録音>Tommy Flanagan / The Tommy Flanagan Trio
<1960年録音>Art Farmer / Art
<1964年録音>Booker Ervin / The Song Book 
<1980年録音>Tommy Flanagan / Super Session
<1982年録音>Tommy Flanagan / Giant Steps
<1989年録音>Sonny Rollins / Falling In Love With Jazz



Tommy Flanagan / Super Session
2007年10月22日(月) 11:25
◆ トミー・フラナガン / スーパー・セッション ◆
『 ピアノ奏者Tommy Flanagan(1930/3/16〜2001/11/16)の1980年録音エンヤ作品!!』

☆ レッド・ミッチェル&エルビン・ジョーンズとのトリオ!!
管理番号0192Tommy Flanagan / Super Session

<Recorded: 1980/2/4 NYC> enja


tommy flanagan / トミー・フラナガン ( p)
red mitchell / レッド・ミッチェル ( b)
elvin jones / エルヴィン・ジョーンズ ( ds) 

--------------------------------------------
(※ このアルバムの??曲目が、トミー・フラナガンの自作曲です。?:ジョン・ルイス作、?:コール・ポーター作)


 哀しきテーマが心を打つ!!?曲目django(ジャンゴ)。サヨウナラ、愛しき人よ。貴方を忘れることなんて出来ないけど。もう二度と会わない方がお互いの為。私は永遠に幸せにはなれない運命を選んだ、、、。


 ピアノ&ドラムの掛け合い登場!!切ないナンバー。。?曲目minor perhaps(マイナー・パハップス)。貴方の軽い一言が、私の心を深く傷つけている。貴方はいつもそれに気づかないふりをしている。本当は気づいているのに、、、。


 美しいバラード。。?曲目too late now(トゥー・レイト・ナウ)。素敵な想い出は、永遠に色褪せない。貴方と過ごした時間は、私にとって大切な宝物!!


 ドラム・ソロ登場!!軽快な?曲目I love you(アイ・ラヴ・ユー)。貴方を嫌いな人っているのかな?貴方に憧れない人っているのかな?もしもいるなら会ってみたいけど、、、。

 ピアノ&ドラムの掛け合い登場!!軽快な?曲目rachel's rondo(レイチェルズ・ロンド)。どこまでも渦の中に巻き込まれていくような毎日だった。もう何もかも捨て去った。おかげでスッキリしたよ!!

 爽やかな?曲目things ain't what they used to be(シングス・エイント・ホワット・ゼイ・ユーズド・トゥ・ビー)。素晴らしい事が待っていた。信じられないような事が待っていた。希望は最後まで絶対に捨てない事だ!!

---------------------------------------------------------------------

☆ トミー・フラナガンのピアノは快調&旨さも光る!!レッド・ミッチェルの全曲ベース・ソロも聴かせる!!エルビン・ジョーンズも好サポート!!
\( ^ o ^ )/

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Tommy Flanagan : Biography
・ ウィキペディア
・ Wikipedia
◆Tommy Flanagan : Discography
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
・ allmusic
◆Tommy Flanagan : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube

↓↓ このブログでの紹介作品(+参加作品) ♪♪〜

<1956年録音>Sonny Rollins / Saxophone Colossus
<1957年録音>Tommy Flanagan / Overseas 
<1959年録音>John Coltrane / Giant Steps
<1959年録音>Curtis Fuller / Blues-ette
<1959年録音>Kenny Dorham / Quiet Kenny
<1960年録音>Stanley Turrentine / Stan "The Man" Turrentine
<1960年録音>Wes Montgomery / The Incredible Jazz Guitar Of Wes Montgomery
<1960年録音>Tommy Flanagan / The Tommy Flanagan Trio
<1960年録音>Art Farmer / Art
<1964年録音>Booker Ervin / The Song Book 
<1977年録音>Tommy Flanagan / Eclypso
<1982年録音>Tommy Flanagan / Giant Steps
<1989年録音>Sonny Rollins / Falling In Love With Jazz



Tommy Flanagan (トミー・フラナガン) / Overseas (オーヴァーシーズ)
2007年08月08日(水) 09:50
<1957年録音>
『 トミー・フラナガンのピアノが絶好調で爽快!!』
 
☆ エルビン・ジョーンズ&ウイルバー・リトルとの快演トリオ作品!! 
 ◇piano trio/ピアノ・トリオ作品◇
管理番号0003
Tommy Flanagan / Overseas 

※ この作品は以前紹介しましたが、現時点での私的スタイルで再度紹介することにしました。


<Recorded: 1957/8/15 stockholm> prestige


tommy flanagan / トミー・フラナガン ( p)  
wilbur little / ウイルバー・リトル ( b) 
elvin jones / エルヴィン・ジョーンズ ( ds) 

--------------------------------------------
(※ このアルバムの?〜?曲目が、トミー・フラナガンの自作曲です。?:チャーリー・パーカー作、?:ビリー・ストレイホーン作)


 ノリノリ系ハイテンポの?曲目relaxin' at camarillo。信じた事なら迷わず突き進め!!ひたすら自分を信じて立ち向かっていけ!!


 しっとり系の?曲目chelsea bridge。君が魅力的過ぎて、僕は理性を失いそうになる。君とただゆっくり話がしたいのに。


 軽快な?曲目eclypso。君を知れば知るほど、君が分からなくなる。君の不思議な魅力にどんどん引き込まれていく。

 ピアノ&ドラム&ベースの掛け合い登場!!掛け合い風テーマから始まる、ノリノリ系の?曲目beat's up。貴方の様々な言葉が、私に勇気と力を与えてくれる。今の貴方は私にとって無くてはならない存在。

 掛け合い風テーマから始まる、ブルースの?曲目skal brothers。言わなければ良かった一言。口から思わず出てしまう。この癖さえなければと、いつも後で後悔する、、、。

 ブルースの?曲目little rock。君がいなくなると寂しくなる。気の合う仲間が遠くへ行ってしまうと昔は落ち込んだけど。それはいつになっても、きっと変わらないね、、、。


 怒涛の叩きまくりドラム・ソロ登場!!ハイスピード・ナンバー!!?曲目verdandi。あいつを許さない!!見事に騙された。今まで騙されていた事さえ、全く気がつかなかった。


 途中テンポアップする、ゆったり系バラード、?曲目delarna。貴方と過ごした時間は、いつもあっという間だった。知らないうちに時間が過ぎていた。朝会ったはずなのに、気がつくともう夜だった。


 徐々に盛り上がる!!しっとり系バラード、?曲目willow weep for me。たとえ今が苦しくても、辛くても、正しい道を歩いているのなら、光は差してくる。どんなに涙を流しても、希望を失うな!!負けるな!!諦めるな!!

-----------------------------------------------------------------------

☆ トミー・フラナガン(1930/3/16〜2001/11/16)のピアノがイキイキと輝いてます!!エルヴィン・ジョーンズはブラシを使ってますが、叩きまくる時はパワフル!!繊細な演奏も見事!!ウイルバー・リトルのベースも活躍!! 
\( ^ o ^ )/

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Tommy Flanagan : Biography
・ ウィキペディア
・ Wikipedia
◆Tommy Flanagan : Discography
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
・ allmusic
◆Tommy Flanagan : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube
◆Tommy FlanaganTommy Flanagan

↓↓ このブログでの紹介作品(+参加作品) ♪♪〜

<1956年録音>Sonny Rollins / Saxophone Colossus
<1959年録音>John Coltrane / Giant Steps
<1959年録音>Curtis Fuller / Blues-ette
<1959年録音>Kenny Dorham / Quiet Kenny
<1960年録音>Stanley Turrentine / Stan "The Man" Turrentine <1960年録音>Wes Montgomery / The Incredible Jazz Guitar Of Wes Montgomery
<1960年録音>Tommy Flanagan / The Tommy Flanagan Trio
<1960年録音>Art Farmer / Art
<1964年録音>Booker Ervin / The Song Book 
<1977年録音>Tommy Flanagan / Eclypso
<1980年録音>Tommy Flanagan / Super Session
<1982年録音>Tommy Flanagan / Giant Steps
<1989年録音>Sonny Rollins / Falling In Love With Jazz

(☆検索出来ます→tommy flanagan)



 (>>モバイル用☆他の作品リストへ) 


◇◆この記事を読んで頂きまして、ありがとう御座います!!◆◇
 _今日が、貴方にとって素敵な一日になりますように、、、♪♪








(↓↓モバイルから応援して頂ける方へ☆クリックお願いします♪♪〜 )
  >>人気blogランキングへ  (*^_^*)

 | HOME | 



Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET