• 2017/01
  • 2017-02 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 2017/03
Bill Evans / Explorations
2007年11月12日(月) 12:43
◆ ビル・エヴァンス(ビル・エバンス) / エクスプロレイションズ ◆
『 ピアノ奏者Bill Evans(1929/8/16〜1980/9/15)の1961年録音リヴァーサイド作品!!』

☆ スコット・ラファロ&ポール・モチアンとのトリオ!!
管理番号0210Bill Evans / Explorations

<Recorded: 1961/2/2 NYC> riverside


bill evans / ビル・エヴァンス ( p)
scott lafaro / スコット・ラファロ ( b)
paul motian / ポール・モチアン ( ds)

------------------------------------------
(※ ?:アーサー・シュワルツ作、?:ヴィクター・ヤング作、?:アール・ジンダース作、?:マイルス・デイヴィス作、?:アーヴィング・バーリン作、?:ハリー・ウォーレン作)


 妖美なテーマから始まる、?曲目israel(イスラエル)。心を惑わされる瞬間。貴方の優しさだけが欲しい。それ以外はいらない、、、。


 しっとり系の?曲目haunted heart(魅せられし心)。貴方の事を考えているうちに日が暮れていた。貴方を想う時間の中に幸せを感じた、、、。


 切ないテーマから始まる、?曲目beautiful love - (take 2)(ビューティフル・ラヴ)。もう貴方を愛せなくなった。貴方の美しさも可愛らしさも。何もかもが受け入れがたい、、、。


 ゆったり系ワルツ風の?曲目elsa(エルザ)。まだ夢の中にいるようだ。貴方が忘れられない。貴方の幻影を探している、、、。


 ミステリアスなテーマから始まる、?曲目nardis(ナーディス)。静かな終わりの中にいる。後は別れの扉を潜るだけ、、、。

 しっとり系の?曲目how deep is the ocean(ハウ・ディープ・イズ・ジ・オーシャン)。私の心は揺れている。迷っている。決めかねている、、、。


 しっとり系スロー・ナンバー、?曲目I wish I knew(アイ・ウィッシュ・アイ・ニュー)。ゆっくりと心と心が近づいていく。もう言葉は必要ない。お互いの視線だけで通じ合う、、、。


 不思議な空間が漂う、?曲目sweet and lovely(スウィート・アンド・ラヴリー)。何が起こっているのか分からない。悪い魔法にでも掛かってしまったのだろうか、、、。

 ワルツ風の?曲目the boy next door(ザ・ボーイ・ネクスト・ドア)。貴方と過ごした時間は、私を恋へと導いた。今私は貴方への扉の前に立っている、、、。

-------------------------------------------------------------------

☆ スコット・ラファロ&ポール・モチアンとの三位一体トリオ第二弾!!ビル・エバンス・トリオの演奏は、ゆったりと優雅な寛ぎの時間を展開!!スコット・ラファロの歌うベースも聴かせます!!
( ^ ^ ♪

※ この録音の約4ヶ月後の6月に有名な「ヴィレッジ・ヴァンガード」でのライヴ録音があり、7月には25歳スコット・ラファロが交通事故でこの世を去ります、、、(哀)。。

※ 同じメンバーでの他の作品 ↓↓
・ 『 ポートレイト・イン・ジャズ:59年12月録音 』(リヴァーサイド)
・ 『 サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード:61年6月LIVE録音 』(リヴァーサイド)
・ 『 ワルツ・フォー・デビイ:61年6月LIVE録音 』(リヴァーサイド)


◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Bill Evans : Biography
・ ウィキペディア
・ Wikipedia
◆Bill Evans : Discography
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
・ allmusic
◆Bill Evans : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube 

↓↓ ビル・エヴァンスのこのブログでの紹介作品(+参加作品) ♪♪〜

<1959年録音>Miles Davis / Kind Of Blue
<1961年録音>Cannonball Adderley with Bill Evans / Know What I Mean?
<1961年LIVE録音>Bill Evans / Waltz For Debby
<1962年録音>Bill Evans & Jim Hall / Undercurrent
<1962年録音>Bill Evans / Interplay
<1964年録音>Stan Getz & Bill Evans
<1968年録音>Bill Evans / Bill Evans Alone  



Bill Evans & Jim Hall / Undercurrent
2007年10月25日(木) 11:49
◆ ビル・エヴァンス(ビル・エバンス)&ジム・ホール / アンダーカレント ◆
『 ピアノ奏者Bill Evans(1929/8/16〜1980/9/15)&ギター奏者Jim Hall(1930/12/4〜)の1962年録音ユナイテッド・アーティスツ作品!!』

☆ ピアノ&ギターのデュオ!!
管理番号0195Bill Evans & Jim Hall / Undercurrent

<Recorded: 1962/4/24(?)、5/14(??〜?) NYC> united artists


bill evans / ビル・エヴァンス ( p)
jim hall / ジム・ホール ( g)

------------------------------------------
(※ このアルバムの?曲目が、ジム・ホールの自作曲です。?:リチャード・ロジャース作、?:ジョン・ルイス作、?:ジミー・ヴァン・ヒューゼン作)


 バッキング・ギターもカッコイイ!!速いテンポの切ないナンバー。。?曲目my funny valentine(マイ・ファニー・ヴァレンタイン)。貴方の心が遠くへ行ってしまった。私の想いはもう届かない。貴方は他の誰かを愛し始めている、、、。

 しっとり系の?曲目I hear a rhapsody(アイ・ヒア・ア・ラプソディ)。私が困っている時、いつも助けてくれたのは貴方だった。いつでも私を支えてくれていたのは貴方だった、、、。


 哀しみのワルツ風ナンバー。。?曲目dream gypsy(ドリーム・ジプシー)。私の心は貴方を求め彷徨う。もうどこにもいない貴方を捜し続ける。永遠に哀しみの中を踊り続ける、、、。


 絶望的な哀しみから抜け出せないような、哀しきナンバー。。?曲目romain(ロメイン)。どれだけ貴方を愛しても、貴方には愛されない。私を愛してくれるのは、哀しみだけ、、、。


 しっとり系ワルツ風ナンバー。。?曲目skating in central park(スケイティング・イン・セントラル・パーク)。小さな希望を見つけた。とても小さな希望。私にとってかけがえのないもの。大切な光、、、。

 しっとり系の?曲目darn that dream(ダーン・ザット・ドリーム)。今でも貴方の言葉を覚えている。貴方の優しさを覚えている。貴方の温もりを覚えている。月の灯りが照らした夜を覚えている、、、。

-------------------------------------------------------------------

☆ ビル・エバンスのピアノ&ジム・ホールのギターがお互いの魅力を引き出し合いながら進行!!月の光を浴びながら演奏しているような感じがちょっと切ない。。
( T  _  T)

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Bill Evans : Biography
・ ウィキペディア
・ Wikipedia
◆Bill Evans : Discography
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
・ allmusic
◆Bill Evans : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube

↓↓ ビル・エヴァンスのこのブログでの紹介作品(+参加作品) ♪♪〜

<1959年録音>Miles Davis / Kind Of Blue
<1961年録音>Cannonball Adderley with Bill Evans / Know What I Mean?
<1961年録音>Bill Evans / Explorations
<1961年LIVE録音>Bill Evans / Waltz For Debby
<1962年録音>Bill Evans / Interplay
<1964年録音>Stan Getz & Bill Evans
<1968年録音>Bill Evans / Bill Evans Alone  


◆Jim Hall : Biography
・ ウィキペディア
・ Wikipedia
◆Jim Hall : Discography
・ allmusic

↓↓ ジム・ホールのこのブログでの紹介作品(+参加作品) ♪♪〜

<1962年録音>Sonny Rollins / The Bridge 
<1962年録音>Bill Evans / Interplay



Bill Evans / Interplay
2007年10月13日(土) 10:35
◆ ビル・エヴァンス(ビル・エバンス)/ インタープレイ ◆
『 ピアノ奏者Bill Evans(1929/8/16〜1980/9/15)の1962年録音リヴァーサイド作品!!』

☆ フレディ・ハバード&ジム・ホールとのクインテット!! 
管理番号0183Bill Evans / Interplay

<Recorded: 1962/7/16(???)、7/17(???) NYC> riverside


freddie hubbard / フレディ・ハバード ( tp)
bill evans / ビル・エヴァンス ( p)
percy heath / パーシー・ヒース ( b)
philly joe jones / フィリー・ジョー・ジョーンズ ( ds)
jim hall / ジム・ホール ( g)

------------------------------------------
(※ このアルバムの?曲目が、ビル・エヴァンスの自作曲です。?:アーサー・シュワルツ作)


 ソロ・パート前キメも光る!!切ないテーマから始まる、速いテンポの?曲目you and the night and the music(あなたと夜と音楽と)。貴方はいつになったら、私の願いを叶えてくれるの?あと何回、私は期待を裏切られればいいの?


 しっとり系スロー・バラード、?曲目when you wish upon a star(星に願いを)。貴方の幸せを願っている。誰よりも幸せになって欲しいと。貴方の幸せな姿が、私の心も幸せにしてくれる。


 ギター&ミュート・トランペット&ピアノの掛け合いに続き、ピアノ&ドラムの掛け合いも登場!!ミュート・トランペットのテーマもイイ!!疾走ナンバー、?曲目I'll never smile again (take 7)(アイル・ネヴァー・スマイル・アゲイン)。幸せはしっかり捕まえておかないと逃げて行ってしまうよ。一度手を離したら、もうそれっきり、、、。


 ミュート・トランペット&ピアノの切ないユニゾン・テーマから始まる、寂しげな?曲目interplay(インタープレイ)。今日も冷たい雨が降っている。もう何日も私の心の中は、雨が降り続いている。虹の橋が架かるのは、いつ頃になるのだろうか、、、。


 ハネハネ系の?曲目you go to my head(ユー・ゴー・トゥ・マイ・ヘッド)。貴方の過去なんて興味ない。今の貴方の生き方に胸を張れるなら問題ないよ。過去よりも今が大事なんだ!!

 ゆったり系の?曲目wrap your troubles in dreams(苦しみを夢に隠して)。落ち込むような毎日だけど、これが一生続くとは思わない。希望を失くさないで努力していれば、夢はいつか叶うものだと信じている。自分自身に負けるな!!

-------------------------------------------------------------------

☆ トランペット&ギター参加クインテット録音!!ビル・エヴァンスvsフレディ・ハバードvsジム・ホールの快調な聴かせ比べが続いていく!!パーシー・ヒース&フィリー・ジョー・ジョーンズも好サポート!!
\( ^ o ^ )/

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Bill Evans : Biography
・ ウィキペディア
・ Wikipedia
◆Bill Evans : Discography
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
・ allmusic
◆Bill Evans : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube

↓↓ このブログでの紹介作品(+参加作品) ♪♪〜

<1959年録音>Miles Davis / Kind Of Blue
<1961年録音>Cannonball Adderley with Bill Evans / Know What I Mean?
<1961年録音>Bill Evans / Explorations
<1961年LIVE録音>Bill Evans / Waltz For Debby
<1962年録音>Bill Evans & Jim Hall / Undercurrent
<1964年録音>Stan Getz & Bill Evans
<1968年録音>Bill Evans / Bill Evans Alone  



Bill Evans (ビル・エヴァンス/ビル・エバンス) / Bill Evans Alone (アローン)
2007年05月23日(水) 08:03
<1968年録音>
『 内なる世界を語る一台のピアノ、恍惚の光が差し込める!!』

☆ ビル・エバンスのソロ・ピアノ作品集!!
 ◇piano solo/ピアノ・ソロ作品◇
管理番号0070Bill Evans / Bill Evans Alone 
 
<Recorded: 1968/9/10 NYC> verve


bill evans / ビル・エヴァンス ( p)

------------------------------------------
(※ ?:ジミー・ヴァン・ヒューゼン作、?:ジョニー・マンデル作、?:ジョー・ザヴィヌル作、?:ジェローム・カーン作)


 ?曲目here's that rainy day。どんなに素晴らしい時間も、やがて通り過ぎていってしまう。思い出だけを残して、、、。


 ?曲目a time for love。かつて愛した人との楽しい時間が、追憶の中で甦る、、、。あの日のすべてが今ここにあるならば、何て幸せなことか、、、。


 ?曲目midnight mood。君との出逢いが、私を闇から救ってくれた。だから私のすべてを捧げよう、この命と共に、、、。


 ?曲目on a clear day。晴れやかな心模様。ピアノから飛び出してくる喜びのダンスが、新しい朝と共にやって来る。


 ?曲目never let me go。必ずいつかは別れの時がやって来る、、、。その時を少しでも延ばそうと人は努力するが、遅らせる事は出来ても運命には逆らえない。時間の長さは限られている、だから私は一日一日を心から楽しむ。それが後悔しない、唯一の方法だから、、、。


 ?曲目all the things you are/(midnight mood)。最高の出来事、幸せな時間にめぐり会う、喜びを分かち合える相手がいる、人生は何て素晴らしいのだ!!いい事ばかりじゃない、バラ色の人生なんて嘘だ、でも今は心から生きる事の素晴らしさを感じる、人生とは何て素晴らしいのだ!!

-------------------------------------------------------------------

☆ ビル・エヴァンス(1929/8/16〜1980/9/15)のピアノが、自由に羽ばたくピアノ・ソロの世界へ!!
( ^ ^ ♪

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Bill Evans : Biography
・ ウィキペディア
・ Wikipedia
◆Bill Evans : Discography
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
・ allmusic
◆Bill Evans : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube
◆Bill EvansBill Evans

↓↓ このブログでの紹介作品(+参加作品) ♪♪〜

<1959年録音>Miles Davis / Kind Of Blue
<1961年録音>Cannonball Adderley with Bill Evans / Know What I Mean?
<1961年録音>Bill Evans / Explorations
<1961年LIVE録音>Bill Evans / Waltz For Debby
<1962年録音>Bill Evans & Jim Hall / Undercurrent
<1962年録音>Bill Evans / Interplay
<1964年録音>Stan Getz & Bill Evans 

(☆検索出来ます→bill evans)



 (>>モバイル用☆他の作品リストへ) 


◇◆この記事を読んで頂きまして、ありがとう御座います!!◆◇
 _今日が、貴方にとって素敵な一日になりますように、、、♪♪








(↓↓モバイルから応援して頂ける方へ☆クリックお願いします♪♪〜 )
  >>人気blogランキングへ  (*^_^*)

Bill Evans (ビル・エヴァンス/ビル・エバンス) / Waltz For Debby (ワルツ・フォー・デビイ)
2007年04月22日(日) 06:46
<1961年LIVE録音>
『 ビル・エヴァンスのピアノから発せられる魔法の音色に心を奪われます!!』 
☆ ビル・エバンス&スコット・ラファロ&ポール・モチアンの魅力全開Live!!
 ◇piano trio/ピアノ・トリオ作品◇
管理番号0040Bill Evans / Waltz For Debby 
 
<Recorded: 1961/6/25 Live at "village vanguard", NYC> riverside


bill evans / ビル・エヴァンス ( p)
scott lafaro / スコット・ラファロ ( b)
paul motian / ポール・モチアン ( ds)

-------------------------------------------
(※ このアルバムの?曲目が、ビル・エヴァンスの自作曲です。?:ヴィクター・ヤング作、?:ハーブ・エリス作、?:リチャード・ロジャース作、?:レナード・バーンスタイン作、?:マイルス・デイヴィス作、?:ジョージ・ガーシュイン作)


 ?曲目my foolish heart。スロー・バラード。優し〜い感じが、伝わってきます、、、。大きな愛で見守られているような素敵な空間が、ゆっくりと広がって行きます。永遠にこのままでいたいような雰囲気が、ふわふわと漂います。ビル・エヴァンスの奏でるピアノの調べは、至上の心地よさ!!

 ?曲目waltz for debby [take 2]。エヴァンスの美しいイントロ・メロディーから魅惑のワルツが、軽快に演奏されます。エヴァンスのピアノは、エレガントな舞いを見せます。スコット・ラファロのベースは、歌いながら踊っているようです。ポール・モチアンも跳ね上げるようなドラミングで二人をプッシュします。

 ?曲目detour ahead [take 2]。スロー・バラード。しっとりと落ち着いた空間の中で、エヴァンスのピアノが、懐かしい思い出を語り始めます。ラファロもベースで、熱く語ります。

 ?曲目my romance [take 1]。楽しそうに軽快に踊る3人のダンス・ステップが、目に浮かんできます。

 ?曲目some other time。スロー・バラード。エヴァンスの内面に広がる世界へ吸い込まれていきそうになります。

 ?曲目milestones。エヴァンスの呪文的なイントロ・メロディーが流れ、元気なモチアンのドラムが疾走。空からブルースが降って来ます。エヴァンスは、ブルースの闇に執りつかれ、ラファロは、終始ブルースと格闘を繰り返す、、、。


 ?曲目porgy (I loves you, porgy)。胸を締め付けられる、せつないスロー・バラード。懐かしき想い人との予期せぬ再会。言えなかったあの時の言葉を捜してみるも、もう何も浮かんでは来ない。再び時間は戻らない、予期せぬ再会は、永遠の別れへの決心となる。美しい思い出を汚さぬ為の、、、。

---------------------------------------------------------------------

☆ スコット・ラファロ(1936/4/3〜1961/7/6)のリード・ベース&よく歌うベース・ソロが、存在感を強めているLiveです。ポール・モチアン(1931/3/25〜)も二人を支えながら、いいムードを作り出しています。ビル・エヴァンス(1929/8/16〜1980/9/15)のピアノは、聴く人の心を虜にしていきます!!
( * ^ _ ^*)

※ 『 sunday at the village vanguard 』は同じ日のLiveです。

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Bill Evans : Biography
・ ウィキペディア
・ Wikipedia
◆Bill Evans : Discography
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
・ allmusic
◆Bill Evans : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube
◆Bill EvansBill Evans

(◆ Scott Lafaro : Discography)
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
◆Scott Lafaroscott lafaro2

(◆ Paul Motian : Discography)
・ allmusic
◆Paul Motianpaul motian

↓↓ このブログでの紹介作品(+参加作品) ♪♪〜

<1959年録音>Miles Davis / Kind Of Blue
<1961年録音>Cannonball Adderley with Bill Evans / Know What I Mean?
<1961年録音>Bill Evans / Explorations
<1962年録音>Bill Evans & Jim Hall / Undercurrent
<1962年録音>Bill Evans / Interplay
<1964年録音>Stan Getz & Bill Evans 
<1968年録音>Bill Evans / Bill Evans Alone

(☆検索出来ます→bill evans)



 (>>モバイル用☆他の作品リストへ) 


◇◆この記事を読んで頂きまして、ありがとう御座います!!◆◇
 _今日が、貴方にとって素敵な一日になりますように、、、♪♪








(↓↓モバイルから応援して頂ける方へ☆クリックお願いします♪♪〜 )
  >>人気blogランキングへ  (*^_^*)

 | HOME | 



Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET