• 2017/06
  • 2017-07 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017/08
Francesco Cafiso (フランチェスコ・カフィーソ) / New York Lullaby (ニューヨーク・ララバイ)
2007年08月12日(日) 10:24
<2005年録音>
『 フランチェスコ・カフィーソのアルトが優しく熱く魅了する!!』

☆ デヴィッド・ヘイゼルタイン・トリオとのバラード系作品!!
 ◇alto sax quartet/アルト・サックス・カルテット作品◇
管理番号0011
Francesco Cafiso / New York Lullaby 
 
※ この作品は以前紹介しましたが、現時点での私的スタイルで再度紹介することにしました。

 
<Recorded: 2005/6/23、6/26 New York> venus


francesco cafiso / フランチェスコ・カフィーソ ( as)
david hazeltine / デヴィッド・ヘイゼルタイン ( p)
david williams / デヴィッド・ウィリアムス ( b)
joe farnsworth / ジョー・ファンズワース ( ds)

 ◎お薦め曲順: ?→?→?→?→?→?→?→?→? ♪♪〜
----------------------------------------------
(※ ?:ジョージ・シアリング作、?:セロニアス・モンク作、??:ジミー・ヴァン・ヒューゼン作、?:アン・ロンネル作、?:クルト・ワイル作)


 アルトが熱く吹き語る!!軽快な?曲目lullaby of birdland(バードランドの子守唄)。また貴方は私との約束を破った。貴方は私を甘く見ている。私が貴方と絶対に別れられるはずはないと。貴方は一度痛い目に遭った方がいいよ。今更目が覚めても、もう遅いけど。


 しっとり系バラード、?曲目reflections。君は今頃どうしているだろう?君が遠くへ行ってしまう前に僕の気持ちを伝えるべきだった。僕は今、後悔している。

 しっとり系バラード、?曲目polka dots and moonbeams。季節が何度変わっても、私は独りきり。私は誰かに愛される事無く、誰かを愛する事も出来ずにいる。

 スローに始まるバラード、?曲目my old flame。貴方の優しさに包まれて幸せだった。毎日が愛し合うためにあった。今はない素敵な時間がそこにあった。


 徐々に熱くなるバラード、?曲目estate。最近、君との距離を感じようになった。以前ほど心が通じ合う事もなくなった。君への熱い想いが僕の中にはたくさんあるのに、君の中には同じものを感じる事が出来ない。


 スロー・バラード、?曲目what's new。ここ数日、貴方に会っていない。私の中の寂しさが貴方を求めているなんて、きっと知らないでしょう、、、。

 アルト&ピアノのデュオでのバラード、?曲目imagination。楽しかった貴方との時間を思い出すたび、どうして幸せになれなかったのか考える。考えたってどうにもならないのに。

 ちょっと切ないバラード、?曲目willow weep for me。貴方はいつになったら、私の気持ちを分かってくれるのでしょう。貴方に真剣に考えて欲しいのに、いつも冗談にされてしまう。私は真剣なのに、、、。


 疲れ知らずの快速アルトが何処までも突き進む!!ハイテンポの?曲目speak low。雲一つ無い快晴の空の下で、新しい朝を迎える。これまでの嫌な事を全部忘れて、一からやり直す時が来たようだ。今日はそれに相応しい朝だ!!

---------------------------------------------------------------------

☆ このアルバムはフランチェスコ・カフィーソ(1989/5/24〜)が16歳で録音した作品ですが、見事な演奏に驚きです!!
\( ^ o ^ )/

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Francesco Cafiso : Discography
・ allmusic

◆Francesco Cafiso : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube
◆Francesco CafisoFrancesco Cafiso1

↓↓ このブログでの紹介作品 ♪♪〜

<2005年録音>Francesco Cafiso / Happy Time <輸入盤>
<2006年録音>Francesco Cafiso / Seven Steps To Heaven

(☆検索出来ます→francesco cafiso)



(>>モバイル用☆他の作品リストへ) 


◇◆この記事を読んで頂きまして、ありがとう御座います!!◆◇
 _今日が、貴方にとって素敵な一日になりますように、、、♪♪








(↓↓モバイルから応援して頂ける方へ☆クリックお願いします♪♪〜 )
  >>人気blogランキングへ  (*^_^*)

Francesco Cafiso (フランチェスコ・カフィーソ) / Seven Steps To Heaven (天国への七つの階段)
2007年06月02日(土) 04:28
<2006年録音>
『 超絶アルト・サックスを自由自在に操る、フランチェスコ・カフィーソは驚異的!!』
☆ アンドレア・ポッツァ・トリオをバックに、情熱的な輝きをスタンダード作品にぶつける!!
 ◇alto sax quartet/アルト・サックス・カルテット作品◇
管理番号0076Francesco Cafiso / Seven Steps To Heaven 
 
<Recorded: 2006/1/4、1/5 Rome> venus


francesco cafiso / フランチェスコ・カフィーソ ( as)
andrea pozza / アンドレア・ポッツァ ( p)
aldo zunino / アルド・ズニーノ ( b)
nicola angelucci / ニコラ・アンジェルッチ ( ds)

 ◎お薦め曲順: ?→?→?→?→?→?→?→? ♪♪〜
-----------------------------------------
(※ ?:ヴィクター・フェルドマン作、?:セロニアス・モンク作、?:ジェローム・カーン作、?:ファーディ・グロフェ作、 ?:リチャード・ロジャース作、?:マイルス・デイヴィス作、?:ホーギー・カーマイケル作)


 ?曲目seven steps to heaven(天国への七つの階段)。速いテンポで躍動するリズム隊をバックに、フランチェスコ・カフィーソのアルト・サックスは軽やかにスピーディーに宙を舞い続ける。華麗なテクニック&熱い魂が一筋の光となり、大空の遥か彼方を目指して飛んでいく、、、カッコイイ〜!!続くピアノ・ソロでアンドレア・ポッツァも負けじと華麗なテクニックを披露。空気を一変させるニコラ・アンジェルッチのドラム・ソロが続き、切れの良いドラミングを轟かす。


 ?曲目green chimneys。ブルーな夜との格闘。カフィーソはフワフワと漂う無伴奏ソロからあらゆるテクニックと感情を爆発させ、薄暗いブルースの影を吹き飛ばす。アンジェルッチの激しいドラミングの煽りを受けて、起伏の激しい感情の嵐が暴風雨となって暴れまわる壮絶な世界が出現!!凄い!!


 ?曲目yesterdays。偶然昔の恋人を見かけた。幸せそうな二人。時は移り変わり、年を重ねて僕も少しは大人になった。あの頃の僕らにとって大切なものが何だったのか?今の僕なら分かるのに、、、。

 ?曲目on the trail。楽しい一日も終わってしまうなぁ〜。君に今度会えるのはいつ?君に会えないと毎日が憂鬱だ。君への尽きない想いが、僕を苦しめるから、、、。だから早く僕を楽にしておくれ!!


 ?曲目my funny valentine。かつて愛した人の横顔が、僕を未だに苦しめる。あれから時間は流れたのに、今でも心の奥で熱い想いがくすぶり続けているなんて、君が知ったら笑うだろう。二人の幸せな時間を壊したのは、僕の方なんだから、、、。

 ?曲目milestones。風を切って真っすぐに生きたい。何ものにも振り回される事無く、自分らしくありたい!!


 ?曲目crazeology。軽やかに宙返りを繰り返しながら疾走していくカフィーソのアルト。誰にも止められない楽しさいっぱいの絶好調な吹きっぷりに、驚きと興奮がどこまでも続いていく、、、凄い!!


 ?曲目skylark。アルト&ピアノの二人だけの絶品バラード!!両目から心地よい涙が流れてくる。苦労が報われた瞬間、初めてこれまでの努力が無駄ではなかった事が証明される。込み上げてくる嬉し涙が、今までの人生を賞賛するように流れる落ちる、、、。

------------------------------------------------------------------

☆ フランチェスコ・カフィーソ(1989/5/24〜)の天才的な才能が爆発中!!

 ※このアルバムは2006年1月録音で、『ニューヨーク・ララバイ:2005年6月録音』、『ハッピー・タイム:2005年10月録音』に次ぐ、16歳での録音作品となります、、、(驚)。
(゜o゜)

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Francesco Cafiso : Discography
・ allmusic

◆Francesco Cafiso : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube
◆Francesco CafisoFrancesco Cafiso1

↓↓ このブログでの紹介作品 ♪♪〜

<2005年録音>Francesco Cafiso / New York Lullaby
<2005年録音>Francesco Cafiso / Happy Time <輸入盤>

(☆検索出来ます→francesco cafiso)



 (>>モバイル用☆他の作品リストへ) 


◇◆この記事を読んで頂きまして、ありがとう御座います!!◆◇
 _今日が、貴方にとって素敵な一日になりますように、、、♪♪








(↓↓モバイルから応援して頂ける方へ☆クリックお願いします♪♪〜 )
  >>人気blogランキングへ  (*^_^*)

Francesco Cafiso (フランチェスコ・カフィーソ)/ Happy Time (ハッピー・タイム)<輸入盤>
2007年04月15日(日) 07:49
<2005年録音>
『 フランチェスコ・カフィーソの超絶アルト・サックスが魅せる、イマジネーション豊かな感情世界!!』

☆ フランチェスコ・カフィーソの全曲オリジナル作品集をワン・ホーン・カルテットでお届けします!!
 ◇alto sax quartet/アルト・サックス・カルテット作品◇ 
管理番号0034Francesco Cafiso / Happy Time 
 
<Recorded: 2005/10/31、11/1 Cavalicco(Udine)> camjazz


francesco cafiso / フランチェスコ・カフィーソ ( as)
riccardo arrighini / リカルド・アリギーニ ( p)
aldo zunino / アルド・ズニーノ ( b)
stefano bagnoli / ステファーノ・バグノリ ( ds)

 ◎お薦め曲順: ?→?→?→?→?→?→?→? ♪♪〜
--------------------------------------------
(※ このアルバムは全曲、フランチェスコ・カフィーソの自作曲です。)

 ?曲目louisiana、ドラムのステファーノ・バグノリ&フランチェスコ・カフィーソのデュオで始まります。曲芸的フレーズ全開のアルト・サーカス開演です!!

 息もつかせぬ見事な音の流れに圧倒されます、、、。心地よい圧倒感。風を切って次々に流れてくるフレーズのどれもが、新鮮な響きと驚きと共に目の前に現れ、驚きのシャワーを連続で浴び続けているような、気持ち良さ!! 


 ?曲目she loves me、カフィーソのアルトの優しい音色が、風にそよそよと流れて行くような軽やかさで、耳に届いてきます。アルトでの歌わせ方、歌心に魅せられます、、、。リカルド・アリギーニのピアノの調べも、いいムードを漂わせます。

 ?曲目happy time、テンポが速くなったり、遅くなったりを繰り返す、変化に富んだ展開の中、カフィーソのアルトは、コメディ・タッチのフレーズでハチャメチャ大騒ぎ。

 ?曲目blues for angel、カフィーソにゆっくりとブルースの影が忍び寄ってくる。そして、のみこまれたカフィーソが見せるブルースとの格闘。カフィーソの中で眠っていた炎が、目を覚まします。


 ?曲目sir charles、ハードでダークな感じのピアノ・コード・バッキングとベース・ラインが怖ろしい勢いで迫ってきます。迫り来る危機感の中、カフィーソの感情が爆発する、、、。

 吹けば吹くほど加速していくスピード感、変化に富んで飽きさせる事のないフレーズ展開、圧倒的な才能の力で縦横無尽に突き進む、カフィーソの頭の中は、一体どうなっているのでしょうか?

 即興的なイマジネーションなのか?事前に用意された練習フレーズの詰め込みなのか?兎に角、凄い・カッコイイのカフィーソには驚かされ、心も踊らされます!!次から次へと興奮が襲ってくる、スリル波状型高速吹きまくりに、メロメロです。


 ?曲目goodbye elvin、カフィーソの淡い恋心が、せつないメロディーに乗って、想い人のもとへ飛んで行きます風スロー・バラード(笑)。 

 ?曲目the bear、コミカルなテーマから察するに、邦題タイトルは、『 ドラキュラ伯爵の憂鬱?!』といった感じです(笑)。

--------------------------------------------------------------------

☆ フランチェスコ・カフィーソ(1989/5/24〜)の超絶テクニックには驚かされますが、天才的なフィーリングと歌心にもヤラレマス!!

 ※このアルバムは、『ニューヨーク・ララバイ(2005年録音・発表)』の録音から約4ヶ月後の2005年の10月末録音で、またもや16歳での収録です、、、(驚)。
(゜o゜)

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Francesco Cafiso : Discography
・ allmusic

◆Francesco Cafiso : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube 
◆Francesco CafisoFrancesco Cafiso2

↓↓ このブログでの紹介作品 ♪♪〜

<2005年録音>Francesco Cafiso / New York Lullaby
<2006年録音>Francesco Cafiso / Seven Steps To Heaven

(☆検索出来ます→francesco cafiso)



 (>>モバイル用☆他の作品リストへ) 


◇◆この記事を読んで頂きまして、ありがとう御座います!!◆◇
 _今日が、貴方にとって素敵な一日になりますように、、、♪♪








(↓↓モバイルから応援して頂ける方へ☆クリックお願いします♪♪〜 )
  >>人気blogランキングへ  (*^_^*)

 | HOME | 



Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET