• 2017/06
  • 2017-07 :
  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
  • 31
  • 2017/08
Lou Donaldson / Here 'Tis
2007年09月18日(火) 09:44
◆ ルー・ドナルドソン / ヒア・ティス ◆
『 アルト・サックス奏者Lou Donaldson(1926/11/1〜)の1961年録音ブルーノート作品!!』

☆ ベイビー・フェイス・ウィレット・トリオとのワン・ホーン・オルガン・カルテット!! 
管理番号0159Lou Donaldson / Here 'Tis
  
<Recorded: 1961/1/23> blue note 4066


lou donaldson / ルー・ドナルドソン ( as)
baby face willette / ベイビー・フェイス・ウィレット ( org)
grant green / グラント・グリーン ( g)
dave bailey / デイヴ・ベイリー ( ds)

 ◎お薦め曲順: ?→?→?→?→? ♪♪〜    
-----------------------------------------
(※ このアルバムの???曲目が、ルー・ドナルドソンの自作曲です。?:ジョージ・ガーシュイン作、?:チャーリー・パーカー作)


 速いテンポの?曲目a foggy day(ア・フォギー・デイ)。いつまでも待っていてもしょうがない。このままいくら待っても、きっと貴方は来ない、、、。


 スロー・ブルース。。?曲目here 'tis(ヒア・ティス)。ここに貴方への愛がある。この気持ちを伝えるべきか迷っている。でも、いくら迷ったところで勝算はゼロだ。


 速いテンポの?曲目cool blues(クール・ブルース)。貴方は中々YESと言ってくれない。いつまでも私の誠意を試し続ける。そんな貴方に段々嫌気がさしてきた、、、。


 軽快な?曲目watusi jump(ワトゥーシ・ジャンプ)。どこまで行っても私の望んだものは手に入らない。それでも途方に暮れながら探し続けてる。私の人生はその連続だ。


 ブルース。。?曲目walk wid me(ウォーク・ウィズ・ミー)。私と一緒に旅に出ないか?きっと退屈しないよ。明日を生きられるかどうか分からないスリリングな毎日だから!!

-------------------------------------------------------------------

☆ ルー・ドナルドソンの自作曲系作品(5曲中3曲自作)&ゴキゲンなオルガン・ジャズの出発点はこの作品!!ベイビー・フェイス・ウィレットのオルガン&グラント・グリーンのギターも聞かせます!!
( ^ _ ^ )v

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Lou Donaldson : Biography
・ Wikipedia
◆Lou Donaldson : Discography
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
・ allmusic
◆Lou Donaldson : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube

↓↓ このブログでの紹介作品 ♪♪〜

<1957年録音>Lou Donaldson / Wailing With Lou
<1957年録音>Lou Donaldson / Swing And Soul
<1958年録音>Lou Donaldson / Blues Walk
<1958年録音>Lou Donaldson / Light Foot
<1959年録音>Lou Donaldson with The Three Sounds / LD+3 
<1961年録音>Lou Donaldson / Gravy Train
<1963年録音>Lou Donaldson / Good Gracious 



Lou Donaldson / Good Gracious 
2007年09月05日(水) 09:42
◆ ルー・ドナルドソン / グッド・グレイシャス ◆
『 アルト・サックス奏者Lou Donaldson(1926/11/1〜)の1963年録音ブルーノート作品!!』

☆ ジョン・パットン&グラント・グリーン&ベン・ディクソンとのオルガン・カルテット!! 
管理番号0147Lou Donaldson / Good Gracious 
 
<Recorded: 1963/1/24> blue note 4125


lou donaldson / ルー・ドナルドソン ( as)
john patton / ジョン・パットン ( org)
grant green / グラント・グリーン ( g)
ben dixon / ベン・ディクソン ( ds)

 ◎お薦め曲順: ?→?→?→?→?→? ♪♪〜    
-----------------------------------------
(※ このアルバムの????曲目が、ルー・ドナルドソンの自作曲です。)

 ノリノリ系ナンバー。。?曲目bad john(バッド・ジョン)。君と一緒だとゴキゲンになれる。笑いのツボも一緒だし、何をやっても上手くいく。兎に角ゴキゲンになれる!!


 心にしみる!!ゴスペル風ナンバー。。?曲目the holy ghost(ザ・ホリー・ゴースト)。貴方の優しさに触れた時、私の両目から涙がこぼれてきた。涙は悲しい時のものだと思っていたけど、嬉しい時にも顔を出す。そして、上手く言葉に出来ない気持ちを代わりに伝えてくれる。


 軽快な?曲目cherry(チェリー)。真剣な話をしているのに、君の心は上の空。もう僕には関心なしって態度。これ以上君の心をつなぎとめておくのは無理、、、。

 軽快なボサノヴァ風ナンバー。。?曲目caracas(カラカス)。適当に生きていくのは難しい。その適当加減が勝敗を分ける。いつも全力投球の僕には向いていない。


 ハイテンポの?曲目good gracious(グッド・グレイシャス)。貴方は素晴らしいものを持っている。どれくらい素晴らしいものかと言うと、それは例えようもないくらい。でも、貴方はまだそれに気づいていない、、、。


 しっとり系スロー・バラード。。?曲目don't worry 'bout me(ドント・ウォーリー・バウト・ミー)。君は元気でやってるか?君の事が心配だ。君がいないと僕は元気が出てこない。でも、何とかやってるよ。何とかやっていくしかないんだから、、、。

-------------------------------------------------------------------

☆ ルー・ドナルドソンの自作曲系作品(6曲中4曲自作)&ゴキゲンなオルガン・ジャズ・カルテット!!ジョン・パットンのオルガン演奏&オルガンでのベース・ラインもカッコイイ!!グラント・グリーンのギターもよく歌っています!!
\( ^ o ^ )/

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Lou Donaldson : Biography
・ Wikipedia
◆Lou Donaldson : Discography
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
・ allmusic
◆Lou Donaldson : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube

↓↓ このブログでの紹介作品 ♪♪〜

<1957年録音>Lou Donaldson / Wailing With Lou
<1957年録音>Lou Donaldson / Swing And Soul
<1958年録音>Lou Donaldson / Blues Walk
<1958年録音>Lou Donaldson / Light Foot
<1959年録音>Lou Donaldson with The Three Sounds / LD+3
<1961年録音>Lou Donaldson / Here 'Tis 
<1961年録音>Lou Donaldson / Gravy Train



Lou Donaldson (ルー・ドナルドソン) / Gravy Train (グレイヴィー・トレイン)
2007年07月24日(火) 09:06
<1961年録音>
『 ルー・ドナルドソンのアルトが寛ぎのリラックス空間へと導く!!』

☆ ハーマン・フォスター・トリオ+コンガ奏者との快演盤!!
 ◇alto sax quintet/アルト・サックス・クインテット作品◇
管理番号0122Lou Donaldson / Gravy Train 

<Recorded: 1961/4/27> blue note 4079


lou donaldson / ルー・ドナルドソン ( as)
herman foster / ハーマン・フォスター ( p)
ben tucker / ベン・タッカー ( b)
dave bailey / デイヴ・ベイリー ( ds)
alec dorsey / アレック・ドーシー ( conga) 
  
-----------------------------------------
(※ このアルバムの??曲目が、ルー・ドナルドソンの自作曲です。?:ジミー・ヴァン・ヒューゼン作)


 ブルージーなピアノ・ソロも盛り上がる!!軽快なブルースの?曲目gravy train。私の人生にまだ貴方は登場しない。どこまでも一人で進んでいくしかない。貴方に辿り着けるのは、いつになるのだろう、、、。


 速いテンポの?曲目south of the border(国境の南)。清々しい朝。もうすぐ会える。それは素敵な出来事かどうか分からない。でも私をずっと待っていたような気がする。


 スロー・バラード、?曲目polka dots and moonbeams。君と一緒に暮らしていた時の事を今でも思い出す。良い事がたくさんあった。素敵な思い出たちは、いつまでも色褪せない。


 軽快な?曲目avalon。ため息をつく毎日。これが私の望んだ人生か?これが私の選んだ人生か?また、ため息が出てくる。

 ゆったり系の?曲目candy。君との甘い生活が懐かしい。かつて恋に恋して燃え上がった日々もあったけど、、、。


 ブルース、?曲目twist time。君の冷たい視線が、すべて僕のせいだと言っている。瞳から輝きが消えたのも、美しさを失ったのも。君はいつも僕のせいにするけど自業自得だろ?


 軽快な?曲目glory of love。君と初めて会ったとは思えない。居心地のいい時間が過ぎていく。何か通じ合うものを感じる。こんなに心が落ち着いた事はない。

-------------------------------------------------------------------

☆ ルー・ドナルドソン(1926/11/1〜)のアルトは爽快で気持ちい〜!!ハーマン・フォスターの重厚なブルース魂も心にキマス!!
\( ^ o ^ )/

◆他のアルバム作品を
>> Amazon.co.jpで検索!!
>> @TOWER.JPで検索!!

◆Lou Donaldson : Biography
・ Wikipedia
◆Lou Donaldson : Discography
・ ジャズ・ディスコグラフィー・プロジェクト
・ allmusic
◆Lou Donaldson : < Movie( 動画 ) ♪♪〜 > 
・ YouTube
◆Lou DonaldsonLou Donaldson3

↓↓ このブログでの紹介作品 ♪♪〜

<1957年録音>Lou Donaldson / Wailing With Lou
<1957年録音>Lou Donaldson / Swing And Soul
<1958年録音>Lou Donaldson / Blues Walk
<1958年録音>Lou Donaldson / Light Foot 
<1959年録音>Lou Donaldson with The Three Sounds / LD+3
<1961年録音>Lou Donaldson / Here 'Tis
<1963年録音>Lou Donaldson / Good Gracious 

(☆検索出来ます→lou donaldson)



 (>>モバイル用☆他の作品リストへ) 


◇◆この記事を読んで頂きまして、ありがとう御座います!!◆◇
 _今日が、貴方にとって素敵な一日になりますように、、、♪♪






(↓↓モバイルから応援して頂ける方へ☆クリックお願いします♪♪〜 )
  >>人気blogランキングへ  (*^_^*)

 | HOME | 



Designed by GALPOP BLOG + GALPOP.NET